月別アーカイブ: 2018年5月

【おしらせ】

今週5月14日(月)~18日(金)『ニューズ・オプエド』の生放送はお休みいたします。

同期間は特別編成により『オプエド傑作集』をお送りいたします。

来週より通常放送になりますので、どうぞよろしくお願いします。

NOBORDER NEWS TOKYO

とっくに崩壊していているはずの安倍政権がゾンビ状態で生き残っているのは、マスコミと自民党の反主流派が安倍政権批判に腰が引けているから…上杉隆が厳しく指摘!(2018/05/11)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.076

とっくに崩壊していているはずの安倍政権がゾ
ンビ状態で生き残っているのは、マスコミと自
民党の反主流派が安倍政権批判に腰が引けてい
るから…上杉隆が厳しく指摘!

2018/05/11

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

フリーアナウンサーの吉田照美さんが上杉隆になんでも訊きたいことを訊きまくるコーナー「吉田照美のソコキケナイトコ」です。他の出演者は山口一臣アンカー、川島ノリコアシスタントです。

———————————-

【吉田照美氏】
ここまで来て、この先の流れっていうのは今相当苦しい状況に安倍政権はなってるんですよね?

【上杉隆エグゼクティブ・プロデューサー】
安倍政権ですか?…頑張ってると思いますよ。

【吉田氏】
(笑)…なんなのそれ?さっきと全然スタンス違うじゃない。

【山口一臣アンカー】
(苦しい状況に)なってるのかなあ?なってないのかな?

【上杉EP】
さっき言ったように、普通だったら…これまでのジャーナリズムの精神があり、自民党内にも村上さんだけじゃなくてきちんと声を上げる人がいれば、もう倒れてます。でも、普通の状態じゃないんで。なので異常なものが続いている…。

【吉田氏】
でも今日あたりテレビ見てもね、「柳瀬さんのさんのあの状況は完全に茶番だ」みたいな論調になって「もう苦しい。安倍さんを守っているだけということが見えた」と。読売新聞あたりの社説でも言ってたりするので、そうなったらこの後どうやってやり続けるのかな…と。

【山口一臣アンカー】
そうなると「誰が倒すのか」という話ですよね?

【吉田氏】
…ですよね。自民党の中からそういう人が出てこないんですか?

【上杉EP】
総理の権限が今強いんで、やはり自分で辞めると言わないと…つまり内部崩壊ですよね、一次政権と同様に…。

【吉田氏】
一次の時は僕ら素人からすると「なんで辞めちゃうの?」というのが全くわからなかった…僕はね。「へんなの。脆すぎる」って。それが、今度二次になったら脆いどころか、延々続きそうな感じになってて、びっくりしたんですけど…。

「官邸崩壊」を書いたように、今上杉さんが本を書くとしたら、どういうアングルで行くんですか?

【上杉EP】
普通に地道に取材して、多くの人の声を集めて、そして問題点を提示するということをやればいいんですけど、その作業が出来てないわけですよ。

私がもう一回やろうとすると…はっきり言って出来ません。なぜならば、当時は僕はノーマークだったんですよ。全くじゃないけど、まさか「官邸崩壊」のような本を書くとは思われてなかった。どちらかと言うと小泉政権の中では小泉さんに近かった、ということで、そのことを一つ一つ書いたんです。

~中略~

今はまだメディアが弱いです。メディアが変わると世論が変わってくるんですよ、残念ながら。一般の人達はわかんないわけですから。

「官邸崩壊」を書いた当時は、メディアはやる時は徹底的にやっていました。今や、どっかがやるとどっかが足を引っ張る。週刊朝日もそうでしたよね?


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この後の有料時間帯で「9月の総裁選で反安倍候補に投票するために、みんなで自民党員になろう!」という話で盛り上がりましたが、下記の自民党の党則によれば、投票権の条件として「前二年の党費を納入した党員」とありますので、今から入党してもこの秋の総裁選には間に合わないようです…残念。(40ページ参照)

https://www.jimin.jp/aboutus/pdf/organization.pdf

メキシコではマリアッチと呼ばれる伝統音楽の楽団で母の日を祝うのが一般的。…日本人は?笹野大輔ニューヨーク支局長のリポート(2018/05/11)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.075

メキシコではマリアッチと呼ばれる伝統音楽の
楽団で母の日を祝うのが一般的。…日本人は?
笹野大輔ニューヨーク支局長のリポート

2018/05/11

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おなじみの笹野大輔ニューヨーク支局長から、メキシコ移民のお祭り「シンコ・デ・マヨ」のパレードと、メキシコ移民が母の日をどんなふうに祝うかのリポートです。

———————————-

ニューヨークではヒスパニック(南米)系の人口が29%で、黒人を超えています。メキシコ人はドミニカ人の次に多く、自転車で食事のデリバリーをしているのは大半がメキシコ人です。メキシコ人は主に肉体労働(ブルカラー)の仕事をしていますが、もしメキシコ人がいなくなったら「誰がニューヨークのピザを焼くのか?」とも言われています。

5月5日はメキシコ移民のお祭り「シンコ・デ・マヨ」の日。シンコ・デ・マヨとはスペイン語で5月5日を意味し、ニューヨークでもパレードなどのイベントが開かれました。シンコ・デ・マヨはメキシコ本土よりも、海外移住した(主にアメリカ在住の)メキシコ人たちが祝うお祭り。

元々の由来は、メキシコ征服を目的とした侵略戦争を仕掛けてきたフランス軍を、メキシコが撃退したことを記念するものですが、現在はその意味合いより単純なお祭りの感覚に近いものになっています。

メキシコ移民の皆さんに母の日について聞いてみました。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

海外では母親を大切にするのはごく当たり前のことで、比べると日本人は家族の絆が薄れつつあるのでしょうか?色んな意味で日本人はシラケ気味というか、人間関係が希薄になってるのかな?…という気がしないでもないですね。

安倍政権のやってきた政策は何一つ評価できない!…自民党の中で唯一安倍政権を正面から批判する村上誠一郎議員に、安倍政権の現状とこれからを訊く(2018/05/10)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.074

安倍政権のやってきた政策は何一つ評価できな
い!…自民党の中で唯一安倍政権を正面から批
判する村上誠一郎議員に、安倍政権の現状とこ
れからを訊く

2018/05/10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の特集は自民党の村上誠一郎衆議院議員をゲストにお招きし、安倍政権の現状についてお話を伺いました。レギュラー陣は乃木涼介アンカー、義山望アシスタント、薬師寺克行解説委員、上杉隆エグゼクティブ・プロデューサーです。

———————————-

【義山望アシスタント】
村上さん、薬師寺さんに、安倍政権についてお伺いします。2012年12月26日に発足してから現在まで続いている安倍政権、かなりの長期政権ですが、この安倍政権について、村上さんはどう評価していますか?

【村上誠一郎議員】
正直に申しまして、私はほとんど実績がないんじゃないかと思ってるんですね。政策でいいますと、アベノミクスはまず異次元の金融緩和、次に機動的な財政出動、そして成長戦略という「3本の矢」ですね。

まず異次元の金融緩和からいいますと、アメリカのFRBはGDPの25%まで国債を買ってますが、日本は5回も2%あげると言いながら延期して、なんとGDPの81.3%まで日銀が抱え込んじゃったんですね。これを将来どういう風に処理するのか?

もう一つは当座預金がマイナス金利になりまして、副作用が出てるんですね。早く出口戦略を考えなきゃいけない。

2番めの財政は、2度も消費増税を延期しましたよね。そのために歳入欠陥構造がひどくなってて、私が心配しているのは、次の世代が生き残れるのかどうか。

そして肝である成長戦略は未だにない、と。特に問題は少子高齢化に対してアメリカは頭脳も労働力も移民で補ってるんですね。安倍さんは移民は嫌だと言ってますから、本当にどうするのか?

先程言いました外交は、日米関係はトランプさんはアメリカの赤字減らしが目的なので、TPPよりも二国間。それから朝鮮問題は残念ながら蚊帳の外になってる。ロシアとの領土問題も進展してない。

もっと重要なのは政治不信を招いてしまったこと。私は民主主義が危なくなってると思ってるんです。なぜかというと、まず特定秘密保護法を作ったため、マスコミが非常に萎縮してしまった。

それから森友とか加計とかの問題の原点は、私は公務員法の改定にあると見てるんですね。これによって中央官庁の670人を全部官邸に持っていったんですね。その人事を好き勝手やられると、官僚諸君は戦々恐々としてしまう。我々は選挙が終わればリセットできるけど、公務員の人たちはラインから外されたらカムバックできないんですね。

もう一つは前から申し上げてる集団的自衛権やかけつけ警護ですね。集団的自衛権は砂川判決が根拠にならないんですね。それから自衛隊の南スーダンやイラクの日報問題を含めて、かけつけ警護は戦闘状態じゃないところに送るという前提なのが、果たしてどうだったのか?大臣が日報の存在を知らなかったということは、それはもう完全にシビリアンコントロールが効いてないということですね。万が一大臣が知ってたらどうなるか?これはもっと大きな、重要な問題ですね。

それから共謀罪の問題ですね。今申し上げたモリカケ、南スーダン日報、働き方改革…これは全て安倍さんのお友達というか、将来後継にしようとしている人たちが引き起こしてしまった。それに対して任命責任や道義的責任は絶対あるんですよね。特に私が心配しているのは麻生さんが事務次官の問題を含め、「セクハラ罪という犯罪があるんですか?」とかね、逆なでするようんことを…。またちょっと許せないなと思ったのは「改ざんはどの職場でもありうるんだ」とも言いましたね。

私が決定的にショックを受けたのは、ゴミがないのに「4000台のトラックで運んだことにしてくれ」と、財務省側から森友側に言ったってことですね。天下の財務省が森友側に「口裏合わせしてくれ」ということは、言語道断どころか、我々の叔父や親父の時代には考えられなかったことですね。そういうことで政治が「信なくば立たず」どころか、信がなくなってしまっている…。

安倍さん自身が行政府の長でありながら、行政を壊してしまったんじゃないか?これに対する政治的・道義的責任はですね、麻生さんは財務省に関してはありますが、安倍さんは国全体のそういう問題に対して、自分のお友達や近くの人達が引き起こしたわけですから…本来森友や加計なんかは政治家はやらなくていいことなんですよね。それをやってしまったためにこんな大混乱になっているわけですから。それだけでも万死に値するんじゃないかなと、そのように思います。

【義山望アシスタント】
質問です。「一連の不祥事は前は一つでも出てきたら内閣を維持できない問題だと思います。それなのに自民党内から批判する声が上がってこない…なぜ自浄作用が働かないのでしょうか?」ということなんですが…。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

《ヴォイス・オブ・フクシマ》震災・原発事故の影響で失われつつある福島の伝統芸能について、民俗学者 懸田弘訓氏に訊く(2018/05/10)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.073

《ヴォイス・オブ・フクシマ》
震災・原発事故の影響で失われつつある福島の
伝統芸能について、民俗学者懸田弘訓氏に訊く

2018/05/10

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ヴォイス・オブ・フクシマの中継は、おなじみの久保田彩乃さんが民俗学者の懸田弘訓に、失われつつある福島の伝統芸能についてお話を伺いました。

———————————-

【久保田彩乃氏】
今日は二本松市にある民俗学者の懸田弘訓(かけた ひろのり)さんのお宅にお邪魔してお話を伺っていきます。

懸田さんは長年民俗学を専攻されていらっしゃいますが、震災後特に浜通り(沿岸地域)では、自身、津波、原発事故により本当に多くの伝統芸能が消えてしまったり、存続の危機にさらされている状態です。

福島県内の民俗芸能、伝統芸能というのは、現時点でどのぐらいの数あるんでしょう?

【懸田弘訓氏】
どんどん減ってましてね、震災直前は団体数で約800団体。芸能の数では千ぐらいと言っても良かったと思います。このうち浜通りにあったものが360ぐらいですが、津波と原発事故の放射能が原因で、いわきより北ではほぼ全部が避難したために、360のうち210がほぼ継続できない状態が続いております。

そのうち70団体は一旦は復活しました。ですが1回、2回でまたやめてしまったところもあります。原因は一つは住民がバラバラに避難していること。原発から3~5kmの浪江町の住民は、和歌山県と鳥取県以外の全部の都道府県、北海道から沖縄まで全国に避難しています。

芸能を維持するためには練習が必要ですが、そのために集まることが非常に困難な状態なのです。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

伝統芸能の消滅…震災・原発事故の容赦ない爪痕がここにも現れているんですね…。

「日本人は今、世界からどう見られている?」スタンダップ・コメディの先駆者として世界中で活躍するぜんじろう氏が語る、日本と海外のお笑いの違いとは?(2018/05/09)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.072

「日本人は今、世界からどう見られている?」
スタンダップ・コメディの先駆者として世界中
で活躍するぜんじろう氏が語る、日本と海外の
お笑いの違いとは?

2018/05/09

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特集は日本人としてのスタンダップ・コメディの先駆者、ぜんじろうさんに日本と世界のお笑いの違いについて、様々なお話を伺いました。レギュラー陣は乃木涼介アンカー、義山望アシスタント、大貫康雄解説委員、そして上杉隆エグゼクティブ・プロデューサーです。

———————————-

【義山望アシスタント】
ぜんじろうさんがやっているスタンダップ・コメディとはどういうものか、映像がありますので、まずこちらを御覧ください。

※中国人、韓国人、日本人の特徴を捉えてパロディ化したネタの映像
https://youtu.be/OI92A3MNphA?t=8m14s

【義山望アシスタント】
面白いですねえ(笑)。

【上杉隆エグゼクティブ・プロデューサー】
これは、例えば黒人が黒人を茶化すネタならOKなんですが、もし白人が黒人を揶揄するとしたら差別になるのでアウト。アジア人のぜんじろうさんがアジア人を笑うネタをやっているのいで、これはセーフなんです。

【ぜんじろう氏】
あと、日本人コメディアンが「これは使わなあかん!」という「皮肉の笑い」が海外に行ってわかったんです。例えば日本の笑いでハゲをネタにする場合はダイレクトに「ハゲ!ハゲ!」って言うじゃないですか。海外の場合は逆で、例えば「経済的な頭してますね。さすがですね、整髪料がいらない。僕もなりたいです。素晴らしいな~」って。

京都に「いけず」って言う言葉があるんですけども、上の立場から下の立場に言うのが「いけず」です。「皮肉」は下の立場から上の立場に言う、もしくは横の立場から言うんです。

だから僕は政治家の方がトランプ大統領なんかに言ってほしいのは、まず原爆のこと言えますね。「私達が平和なのは、原爆を落としてくれたおかげです。ありがとう!原爆を落としてくれて」…こういうと、悪口も伝わるじゃないですか。他にも「ありがとう!武器を売りに来てくれて。商売うまいね、あなたは」とか。…これやると世界では「素晴らしい」ってなるんです。できるだけ皮肉で、逆のことを言っていく。

さっきの中国人、韓国人、日本人のネタもね、「お前ら、一緒のように見てるやろ?ぜんぜん違うから」って、ちょっと似通ってるじゃないですか。あのネタの一番最後に実は「中国人と韓国人と日本人は、実はあまり仲が良くない。でも俺たちアジア人が結託して、白人たちを全員で嫌おうぜ!」って言うのがあって、みんな「イェー!」ってなるんですよ。でその一番「イェー!」って言うのが白人やったりするんですよ。…これがちょっと悔しいところ。

【上杉隆EP】
日本人だったら怒っちゃいますよね。「けしからん!」って。

【ぜんじろう氏】
…か、もしくは全然わかってないかですね。「今、何言ったんですか?」って(笑)。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ぜんじろうさん、最高に面白かったですね。スタンダップ・コメディというと、日本人では最近ウーマンラッシュアワーの村本さんがチャレンジするために語学留学をしたことが話題になりましたが、ぜんじろうさんはその分野で遥かに以前から先駆者として活躍されていたんですね。「スタンダップ・コメディが日本で流行ってきたら、本当に日本は良い社会になる」というお話には希望を感じます。これからも応援したいですね。

スバル燃費データ改ざん問題で社長交代…でも責任は取ってない!? 財務省と同じく問題を起こしてもトップが責任を取らないのは日本の伝統文化か?神領貢氏、波頭亮氏に訊く(2018/05/08)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.71

スバル燃費データ改ざん問題で社長交代…でも
責任は取ってない!? 財務省と同じく問題を起こ
してもトップが責任を取らないのは日本の伝統
文化か?神領貢氏、波頭亮氏に訊く

2018/05/08

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の特集はスバル燃費データ改ざん問題についてニューモデルマガジンX編集長の神領貢さんに伺いました。もう一人のゲストとして経営コンサルタントの波頭亮さん、レギュラー陣は山口一臣アンカー、義山望アシスタント、上杉隆エグゼクティブ・プロデューサーです。

———————————-

【義山望アシスタント】
ここからは神領さんに、スバル燃費データ改ざん問題についてお伺いします。3月2日に記者会見で公表された「完成検査の不正が明らかになった」ということですが、これはどういう記者会見だったのか、教えてください。

【神領貢氏】
日産とスバルが完成検査で不正をしていたというのを国交省が見つけたんですね。完成検査というのは、ラインから出来上がった車が出てきた時に「このクルマはちゃんと国の基準に適合しているか」をチェックする検査ですが、その検査は社内の資格を持ってる人が出来るんですね。しかし人件費の削減などの理由で、社内資格を持ってない人がやっちゃってたと。

ただ、例えばアメリカに行くものは、日本のような完成検査を求めていないのです。で、日産の社長は「うちの車は品質を満たしてます」と言っちゃった…これで火を吹くわけですけども…。

「日本で入れる場合は資格を持った人が検査しなさい」というところを、日産とスバルはやっていなかった、というのが3月の話。ところがこれには続きがあった。それはその完成検査の排ガスの最終チェックの数値をいじっていた…これが4月になってから発覚したスバルの事案です。

【山口一臣アンカー】
その数値をいじったクルマが市場に出てしまったということなんですね?

【神領氏】
4月末の会見では、「スバルの社内規定のほうが国の規定より厳しいので、数値がスバルの規定を超えていても国の規定には入ってます。だからどなたの手に渡ったかはわからないが、数値が改ざんされたものも含めて安全です」と言っていました。

【山口アンカー】
なぜメーカーではそういう完成検査の不正をしようという力が働くんですか?

【神領氏】
…正直にやればいいじゃないですか?問題があれば一旦降ろして、そのクルマは直してから出せばいいわけで…。

今回スバルさんは報告書を出しているんですが、かなり分厚いんでものすごく簡略化して言うと、「現場の人達が、上司…ラインの責任者に怒られるのが嫌だった」ということがスバルさんの場合には長らく続いていたと。そういうことが社内でなかなか言えない…自動車メーカーは古い体質が多いものですから、今回もそれが理由であると報告書には書いてあります。

〜中略〜

【義山アシスタント】
波頭さんはこの問題はどう思われますか?

【波頭亮氏】
組織の問題だよねえ…これは本来なら「よく見つけた」と褒めてもいいぐらいで、それが「出ちゃ困る」と怒るというのはダメだよね。でも、大企業、大組織って、どこでもこうなってるよね。

でも役所がこうやって怒ってくれるからいいけど、怒る側の役所が文書改ざんしてるんだからね。「お前らだって公文書の改ざんしてるじゃないか。我々は多少不正があったと言っても、まだ国の基準には収まっている。お前ら役人が何を偉そうに言ってるのか」…と僕が社長や担当者ならそう思うだろうね。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

日本の大組織のモラルハザードは来るところまで来た感じですね。スバルの問題が話の発端でしたが、政府や官僚組織の腐敗・崩壊ぶりはそれどころの騒ぎじゃない感じです。このまま行くと日本はどうなってしまうのでしょうか?どこまで行けば自浄作用が働くのでしょうか?

野球のピッチャーの投げ方は人間にとって不自然?ピッチャーがゴルフも上手いのはなぜ?イチローは将来メジャーで監督?…野球解説者の青島健太氏と語る野球談義の数々(2018/05/07)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.070

野球のピッチャーの投げ方は人間にとって不自
然?ピッチャーがゴルフも上手いのはなぜ?
イチローは将来メジャーで監督?…野球解説者
の青島健太氏と語る野球談義の数々

2018/05/07

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月曜日は玉木正之スポーツ編集長・主筆によるスポーツ特集!ゲストに野球解説者の青島健太さんをお迎えし、野球談義に花が咲きました。この日は上杉隆エグゼクティブ・プロデューサーも参加しました。アシスタントは川島ノリコです。

話題は多岐にわたりましたが、ここでは3つほどピックアップしてご紹介します。

———————————-

《野球のピッチャーの投げ方は人間にとって不自然?》

【玉木正之編集長】
(青島さんが)頭角を現したのは何歳ごろからですか?

【青島健太氏】
6年生の時には新聞社主催の県大会で優勝しましたね。ピッチャーで。

【玉木編集長】
プロに行く人は、(子供の頃は)皆ピッチャーですね。

【青島健太氏】
まあ、それは多いかもしれないですね。ボールを投げるという行為は、極めて難しい行為ですよ。これを速く投げられる、ないしは捕れるということは、打つ方にもほぼほぼ繋がりますし。ボールが速く投げられるというのは、象徴してますね。

【上杉隆エグゼクティブ・プロデューサー】
ピッチャーができれば、他の8つのポジションは大体出来ますよね。
でも、ピッチャーはちょっと難しい。

【玉木編集長】
ボールを投げるというのは、人間にとっては不自然な行為なんですよね。例えが悪いですけど、(野球が普及していない)ヨーロッパのデモ隊が石を投げているのを見ると、下手くそなんですよね。アメリカや日本のほうがまともに上から投げている。

【青島氏】
それで思い出しましたが、クリケットは投げ方が全然違っていて、助走して肘を使わず、腕を棒のようにして投げるんですよね。

【玉木編集長】
野球も昔はピッチャーズ・ボックスと言って、3歩ぐらい助走できたんですよね。その前はピッチですから下から投げてたんです。それが横になって、上になって、助走が付いて、助走がなくなってプレートだけになったんで、肩を壊すようになったっていうか…人間にとって無理な投げ方をするようになった。

(他のスポーツでは)やらないですよね、あんな投げ方。一歩踏み出すだけで上からブンと投げると言うのは。

【青島氏】
ないでしょうねえ…。

【上杉EP】
陸上競技でもやり投げとか助走がありますもんね。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

2017年総選挙「あなたが勝負かけるのなら、僕もかける」上杉は小池百合子に決断を迫った!乾真規ディレクターのインタビューに答え、舞台裏を知る上杉隆が詳細を語る!《中編》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド 番外編

2017年総選挙「あなたが勝負かけるのなら、僕
もかける」上杉は小池百合子に決断を迫った!
乾真規ディレクターのインタビューに答え、
舞台裏を知る上杉隆が詳細を語る!《中編》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニューズ・オプエドの番組本編でも報じられていない、当メルマガ「読むオプエド」の独自コンテンツ「乾ディレクター、上杉隆に迫る!」シリーズの2回めをお届けします。

3回に分けての配信で、2回めの今回は《中編》、5月14日(月)に《後編》をお届けする予定です。

———————————-

【上杉隆】
(「上杉さんは出ないの?」と言うオファーに対して)「僕はいいです」と言って断った。僕に声がかかった理由は、都知事選の時に18万票取っているから、基礎票が見えるわけ。計算が立つ。そういう意味で声がかかった。

こっちは「小池さんが出るんだったらお手伝いしますよ」と。でも、小池さんが出ないのに、なんで俺だけ出なくちゃいけないんだ…これはパスだなと。出ようと思っていれば秘書時代から何度もチャンスはあったけど、出るつもりないからこうしてるんで…。

小池さんが出て総理になり、内閣官房で安倍政権を全部ひっくり返し、森友や加計問題も「政権交代こそ情報公開」なんだから、安倍、菅…いっぱいいるでしょ?全員捜査して〇〇しようと。〇〇させることも含めてちゃんとやらないと、この国は変わらないから。そこまではっきり言ってるからね。

【乾真規ディレクター】
小池さんにそう伝えたということですね?

【上杉】
伝えたというか、直接そう話した。「あなたが出ないんだったら、僕が官邸に入る意味ないでしょ?あなたが逃げるんだったら僕はやらないですよ。勝負かけるんだったら、一緒に勝負かけますよ」と。なんで小池さんが自分だけ安全なところにいて、こっちが勝負かけなきゃいけないの?…って。オプエドもあるし、NOBORDERもやってるし。そこの部分で「(出馬は)ノー」ということで、断った。…だから、東スポの記事は誤報でもなんでもない。合ってるよ。

【乾ディレクター】
東スポからはちゃんと取材があったということですね?

【上杉】
うん、この件はね。

【乾ディレクター】
他のところからも取材はあったんですか?

【上杉】
オファーはいっぱいあったけど、全部断った。東スポは連載してるから…この取材で答えたとおり。「小池さんが出るんだったら出るかもしれないけど、出ないんなら出ないですよ」ということ。

【乾ディレクター】
小池さんと前原さんをつなげる役割をして以降、希望の党からの接触と言うのは特には…?


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。


※上杉隆が2017年総選挙の舞台裏を語った記事

2017年総選挙、希望の党失速の原因となった「排除リスト」は全くの偽物だった!乾真規ディレクターのインタビューに答え、舞台裏を知る上杉隆が詳細を語る!《前編》

2017年総選挙で、一時首相官邸は敗北を覚悟し、白旗を上げて政権交代を確信していた!乾真規ディレクターのインタビューに答え、舞台裏を知る上杉隆が詳細を語る!《後編》

奄美大島の特産「大島紬」が存亡の危機!最盛期は40万~60万反売れてたが、今は年間4千反程度…今こそ見直したい着物文化、大島紬の今を乾真規ディレクターがリポート(2018/05/04)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.069

奄美大島の特産「大島紬」が存亡の危機!最盛
期は40万~60万反売れてたが、今は年間4千反
程度…今こそ見直したい着物文化、大島紬の今
を乾真規ディレクターがリポート

2018/05/04

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回の特集は、先日奄美大島に取材に行った乾真規ディレクターによる、島を代表する特産物「大島紬」に関するリポートです。レギュラー陣は上杉隆アンカーと川島ノリコアシスタントです。

———————————-

【乾真規ディレクター】
今日は大島紬についてリポートいたします。…大島紬は製作工程にとても価値・重みがあるんです。30~40の長い工程を半年から1年かけて作るのが大島紬で、1300年という長い歴史を持ってるんですね。

図案を元にした大島紬の柄を折込む締め機(しめばた)工程は、1日8時間やったとしても20cmぐらいしか出来ません。着物1枚分12m40cm織り込むには数ヶ月かかります。

大島紬の代表的な染め方は「泥染め」。シャリンバイと呼ばれる木のタンニンの成分と泥の鉄分を化学反応させることで、独特の渋い色を出します。シャリンバイを煮沸して抽出した液で、糸を20回程度も染み込ませるなど、泥染めの工程も非常に手間がかかります。こうしたものすごく緻密な作業を長い時間をかけて作るので、どんな柄かにもよりますが、高価なものになるわけです。

泥染めの工程を見せていただいたのは「金井工芸」というところなんですが、こちらに行っていただければ、見学することが出来ます。

~中略~

【乾ディレクター】
大島紬は何十万、百万を超えるものもあってかなり高価なんですが、このネクタイなんかは1万円ぐらいで、モノによって値段がかなり違うんです。その差は染色の工程の回数であったり、また柄が細ければ細かいほど値段が上がります。

【上杉隆アンカー】
大島紬は今回世界遺産には入らなかったんですけど、世界的にも有名なのは、先程の金井工芸さんに行くと、外国人の方とかいるんですよ。染め物の研修に来てるんです。超有名ブランドデザイナーさんが普通にいるんです。

【川島ノリコアシスタント】
「大島紬には後継者問題はないのでしょうか?」という質問が来てますが…。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

大島紬は日本の着物文化を代表するものだと思っていましたが、そんなに需要が落ち込んでいるとは知りませんでした。先日ご出演頂いた舞台演出家のレオニード・アニシモフさんもおっしゃってましたが、日本人が忘れつつある日本文化の良さを、是非外国の方に再評価していただきたいものです。