日別アーカイブ: 2018年5月29日

場合によってはプロゴルファーを引退に追い込むパニック症状、イップス。その解決法を横峯さくら選手の父、横峯敏郎氏に訊く(2018/05/28)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.082

場合によってはプロゴルファーを引退に追い込
むパニック症状、イップス。その解決法を横峯
さくら選手の父、横峯敏郎氏に訊く

2018/05/28

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この日はプロゴルファーのタケ小山アンカーによるスポーツ特集。ゲストには元参議院議員で、女子プロゴルファー横峯さくら選手の父でもある横峯敏郎氏をお迎えし、ゴルファーが陥りやすいイップス(http://yips.jp/class/detail/)と呼ばれるメンタルな症状について詳しくお話を伺いました。レギュラー陣は川島ノリコアシスタント、上杉隆氏プロデューサーです。

———————————-

【横峯良郎氏】
イップスには解決策がなかったんですよ。処方箋がなく、薬もない。ゴルフだけじゃなく、あらゆるスポーツにある。私は実験して調べたんです。去年イップスだった、ゴルフをやっている二十歳の女の子の症状を改善しました。

イップスはパニックです。そしてゴルフのパターはあらゆる競技の中で、最もイップスにかかりやすいということがわかったんです。症状として出るのは「二度打ち」するんですね。普通パターで二度打ちなんてありえないんですが。

でも、パターに長尺を使ったら、イップスが治るんです。でも、長尺にするとなぜ治るのかは誰にもわからない。おかしいでしょ?

【タケ小山アンカー】
で、イップスの治し方はどうしたらいいんですか?わかったんですか?

【横峯氏】
わかりました。それがわかったから今日来たんですよ。

【上杉隆プロデューサー】
すごいですよ。この前一緒にラウンドさせてもらって「そうか!」と。僕は自然にイップスにならない打ち方をしていたんですよ。自分では全然意識してなかったんですけど。

【横峯氏】
さっき言ったでしょ「パニックだ」と。その症状としてパター。他にも色々あるんですけどね。…なぜパターでイップスになるか?なぜ二度打ちする症状が出てくるのか?そこなんですよ、問題は。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。