日別アーカイブ: 2018年4月24日

大リーグ評論家の福島良一さんをお迎えし、玉木正之アンカーとともに大リーグ観戦の思い出話で盛り上がる!(2018/04/23)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.059

大リーグ評論家の福島良一さんをお迎えし、
玉木正之アンカーとともに大リーグ観戦の
思い出話で盛り上がる!

2018/04/23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月曜日は玉木正之スポーツ編集長・主筆によるスポーツ特集!ゲストに大リーグ評論家の福島良一さんをお迎えし、長年の大リーグ観戦の様々エピソードを語っていただきました。ここではその中から3つをピックアップしてご紹介します。

———————————-

《球場のオルガン奏者》

【福島良一氏】
ロサンジェルスのドジャー・スタジアムで有名なオルガニスト、ヘレン・デルさんが出していたシングル盤のレコードがあるんですよ。表はTake Me out to the Ballgame、1908年にできた球場の定番曲ですね。もう片方はIt’s a beautiful day for a Ballgameという今でも受け継がれているワクワクする曲なんです。

もっと感動したのがホワイトソックスの専属オルガン奏者、ナンシー・フォーストのこのレコード。つい最近まで現役だったのですが、当時メジャーリーグ最高のオルガン奏者と言われて、野球だけじゃなく、バスケ、アイスホッケー、サッカーと一人で4つの競技をこなしていました。

ホワイトソックスの専属としては40年ぐらいやっていたのでしょうか。休んだのは5試合だけ。お子さんを出産した時。日本のオルガン奏者を連れて行った会わせたことがあるのですが、みんな感激していました。

各選手が打席に入る時の入場曲、あれを始めたのもこのナンシー・フォーストと言われてるんですよ。

———————————-

当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福島さん、玉木アンカーお二人ともメジャーリーグの話をしていたら楽しくて仕方ない、いつまででも語っていたいという感じでしたね。他にもたくさんの話をしてくださっていますので、番組アーカイブの方でお楽しみください。また、話題に登っているヘレン・デル、ナンシー・フォーストのオルガン演奏がYoutubeに掲載されていたので、下記【関連リンク】コーナーに張っておきました。