月別アーカイブ: 2018年4月

終始友好ムードで終了した南北首脳会談…しかし外交は表に出ない水面下の交渉が8割。国際ジャーナリスト蟹瀬誠一氏が首脳会談を深読みする(2018/04/27)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.064

終始友好ムードで終了した南北首脳会談…
しかし外交は表に出ない水面下の交渉が8割。
国際ジャーナリスト蟹瀬誠一氏が首脳会談を
深読みする

2018/04/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲストに国際ジャーナリストの蟹瀬誠一さんをお迎えし、南北首脳会談についてお話を伺います。レギュラー陣は乃木涼介アンカー、川島ノリコアシスタント、上杉隆解説委員です。

———————————-

【蟹瀬誠一氏】
今回の首脳会談は、その前に行われた中国と北朝鮮との首脳会談と比べたら、「金正恩のお披露目の場」ですね。米朝首脳会談の環境整備というのも確かだろうと思うし、もう一回目の会談でかなり文言は固まってるんじゃないかという気はしますね。

僕が不思議に思ったのは、南北、米朝の首脳会談の流れがあまりにもスムーズにつながっていること。これは何か見えない力が働いているに違いない…なんだろうと考えると、3月末の中朝の首脳会談ですが、金正恩と習近平というのは、メチャクチャ仲が悪いんですよ。「こんなやつとは絶対会わない」と思っていたところが、急遽あの通り会うことになった。

中国にしてみれば交渉の主導権を復活したいというのがあるだろうし、金正恩にしてみると、トランプは何をやってくるかわからないので、中国を後ろ盾にしていれば今度の南北、米朝の会談もわりと強気で出られると言うような読みはあったと思う。

ポイントはなんでそれだけ怒っていた習近平が金正恩に会うことになったのか?…相当ゴージャスなお土産を持たせて、国賓待遇だったでしょ?この意味は一つしかない。金正恩は核放棄を約束したということ…と僕は推測します。確実な情報ではないけどね。

中国が今後後ろ盾になって、中国式の改革開放政策を進めていく、ということではないか…がっちりタッグを組んで。

【乃木涼介アンカー】
ということは、中国がアメリカと連絡を取って「中国が核政策を止めさせた」みたいな…?

【蟹瀬氏】
それが事実でしょう、多分。どのぐらいアメリカとつながっていたかは、これからの米朝首脳会談を見ていけばわかると思いますが。文在寅大統領は完全に北寄りですよ。おそらく「北・中国派」に韓国もつく。アメリカとの距離は微妙になるかな。

最近になって明らかになったんだけど、1987年に「連邦国家構想」というのがあった。北と南は共存しながら連邦国家として、一つの国でやっていこうというもの。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「外交は水面下の交渉が8割」という蟹瀬さんのお話、本当にそのとおりですね。友好ムード全開の南北首脳会談でしたが、過去の経緯や周辺国の思惑を考えると、そんな単純なものじゃないことがよくわかります。でも、隣国の日本人としては、なんとしてもこのまま平和裏に事が進んで欲しいですね。安倍政権には「頼むから余計なことはしないでくれ」と言いたいです。

イビザ島の伝説的DJ、ジョン・サ・トリンサ氏のドキュメンタリー映画を制作中の映画監督リリー・リナエ氏にインタビュー。「イビザは誰が来ても楽しめる島。日本にも知らせたい」(2018/04/27)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.063

イビザ島の伝説的DJ、ジョン・サ・トリンサ氏
のドキュメンタリー映画を制作中の映画監督
リリー・リナエ氏にインタビュー。「イビザは
誰が来ても楽しめる島。日本にも知らせたい」

2018/04/27

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

笹野大輔ニューヨーク支局長のレポート、今回はルーズベルト島の桜と、ドキュメンタリー映画「JON SA TRINXA」の紹介です。

———————————-

ニューヨーク、ルーズベルト島では桜並木が見頃。ルーズベルト島は第二次大戦中の大統領フランクリン・ルーズベルトな名前が由来の島です。ルーズベルト大統領は元ニューヨーク州知事でもあります。

ニューヨークの桜は在留邦人や高峰譲吉博士が当時の尾崎行雄東京市長(後に総理大臣)に植樹を働きかけ、日露講和条約の仲介の謝意として実現しました。

でも、ニューヨークでは公共の場所でお酒を飲むことは禁止。花見で酔っ払っている人はどこにもいません。飲酒は室内もしくは店内に限られます。

———————————-

話変わって、ドキュメンタリー映画「JON SA TRINXA」監督のリリー・リナエさんに、映画のクラウドファンディング・ローンチ・パーティでお話を聞きました。

映画はイビザ島でDJをしているJON SA TRINXA氏を中心としたドキュメンタリー。JON SA TRINXA氏はスペインでもレジェンドの一人と言われています。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

…笹野支局長の話によると、ニューヨークでは電車の中で飲みさしのワインボトルを素手で持っていると捕まるそうです。公共マナーに関しても、今や日本は遅れていると言えるのかもしれませんね。

談話分析による言語コミュニケーションの研究成果を応用し、ロボットと共存する未来社会の「ロボットリテラシー」を提唱する慶応大学SFC研究所の白井宏美氏に話を訊く(2018/04/26)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.062

談話分析による言語コミュニケーションの研究
成果を応用し、ロボットと共存する未来社会の
「ロボットリテラシー」を提唱する慶応大学
SFC研究所の白井宏美氏に話を訊く

2018/04/26

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回は言語学が専門で「談話分析」の研究をされている慶應義塾大学のSFC研究所上席所員の白井宏美さんをゲストにお迎えして、お話を伺いました。

———————————-

【佐藤由季アシスタント】
白井さんは慶應義塾大学のSFC研究所上席所員をされていらっしゃいますが、白井さんが取り組んでいる「談話分析」とは一体どういうものなのでしょうか?

【白井宏美氏】
大きなくくりは言語学なんですけども、テキストとか会話を分析するものなんです。例えば「暑いですね」と私が言うと、文の意味だけ見ると「暑い」ということしかないですが、会話の中で出ると状況・場面が関わってくるんですよ。

私が会話の中で「暑くないですか?」というと、形としては疑問文ですが…実はさっき本番前に実際に「暑くないですか?」と言ったんですが、そうするとスタッフの方が「空調を強めましょうか?」と言ってくださったんです。そうすると、私の言葉は質問ではなく要請、お願いだったということになります、内容としては。形は質問なんですけどね。そこで人間関係とか、コミュニケーションが関わってくるんですね。

私が「暑くないですか?」と言ってスタッフさんが「そうですね」と返すだけだったら「我慢しようかな」となりますけど、「空調を強めましょうか?」と意図を察して言ってくださると…これ「忖度」なんですけど、忖度って元々悪い意味じゃないですからね。こういう配慮はコミュニケーション、人間関係において大事なことで、含意を読み取って行動に出るということがわかってくるんです。

私の初期の研究で、初対面の人に来てもらって話をしてもらい、データを取ってました。そういうことをすると人がどういう風に会話するか、関係を作って行くかというのがわかってきます。それから「日独比較」をして、異文化コミュニケーションに役立てようとか、そういう研究もやっています。…ちょっと幅が広いんですが。

また、談話分析は会話だけではなくて、新聞記事とか、書き言葉も対象にしています。それからチャットのコミュニケーションを分析したりとか。

【佐藤アシスタント】
そして2016年から「芸人Pepperプロジェクト」という企画に取り組んでいるそうですが、これはどういうものですか?

【白井氏】
このプロジェクトに至る前は、「すべらない話の面白さは何か」とか、明石家さんまさんがどうやって面白くゲストの話を引き出していくのかとか、芸人さんのキャラの作り方とか、そういうお笑い番組の分析をやって、研究発表したりしてたんですね。

こういった芸人さんたちの分析をした成果を、どんなふうに発信したらいいのかということを模索していたところに、ロボットのペッパーと漫才をしている吉本の芸人さん「ペッパーズ」の動画を見たんですね。これを見てピンときたんです。これで研究成果を出したり、学生たちが表現したりできるんじゃないかな、と思ったんです。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

言語学が専門の先生が、こんな風にロボットを応用した研究をされているとは、目からウロコでしたね。相手がロボットとは言え、人間とコミュニケーションをとっていく以上は、「談話分析」のようなノウハウ、研究成果がものを言うんですね。白井さんの今後のご活躍が楽しみです。

安保条約、地位協定、そして日米合同委員会…日本は米国の属国として仕組まれている!? 憲法学者 小林節氏がそのカラクリ、そして安倍政権の憲法改正の欺瞞性を喝破する!(2018/04/25)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.061

安保条約、地位協定、そして日米合同委員会
…日本は米国の属国として仕組まれている!?
憲法学者 小林節氏がそのカラクリ、そして
安倍政権の憲法改正の欺瞞性を喝破する!

2018/04/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲストに憲法学者 小林節(こばやし・せつ)さんをお迎えし、「憲法と日米関係」というテーマでお話をお聞きしました。レギュラー陣は乃木涼介アンカー、義山望アシスタント、大貫康雄解説委員でお送りします。

———————————-

【義山望アシスタント】
小林さん、大貫さんに、憲法と日米関係についてお伺いします。安倍総理は以前から改憲を訴えており、特に憲法9条に3項を加える案を提案していますね。改憲を訴えていることで、憲法に関心を持つ人も多くなったと思います。この安倍総理改憲案について、小林さんはどう考えていますか?

【小林節氏】
言ってることが支離滅裂なんですね。「9条の1項と2項は変わりません、平和主義も変わりません、専守防衛も変わりません。ただ、災害救助などに頑張っている自衛隊が違憲と言われるかわいそうな状態をなくすために、憲法の中に『自衛隊』を入れれば、違憲論争は消せる」…と言ってるわけですよね。

ところがこないだみたいにモリカケ問題が再炎上した時に、細田さん一任でぽっと出てきたのが、新しい9条の3項を作って「必要な自衛措置が取れる」と。これだと「トランプさんに他でいじめられますから、じゃあ中東に付き合います」ということが出来てしまう。同じ法典で新しい条文と古い条文がぶつかったら、新しい方が優先されますから。9条の2項で「必要最小限の自衛隊しか認めない」となっていたものが、新3項で「必要ならなんでも出来ます」ということになったら「最小限」は消えちゃうじゃないですか。

何のための平和主義か?「気に入らないやつはアメリカと一緒に成敗するんだ」というのは、軍国主義ですよ。専守防衛でもない。「必要があれば地球の裏側でも行く」んですから。

「自衛隊」っていう言葉が入っても、「これって必要ですか?」って言うことが残る。例えばグアム島あたりでアメリカが戦争する時バックアップで助けるということであれば、近いからあり得るかもしれない。でも、中東まで言って一緒に戦争するということになると、「あんたは必要と思うかもしれないけど、私は思わない」という違憲論争が起きると思うんですよね。だから、安倍さんの言ってることは何の説得力もない。

【大貫康雄解説委員】
日本だけでなく、どこの国もそうなんですが、一つ小さな穴を開けると、どんどん拡大していくんですよ。自民党の有力者の古賀さんんも言ってましたけど、「絶対にこれは変えちゃいけない」と。当たり前のことなんですよ。そうでないと小林さんがおっしゃったように、どんどん崩れていくんですよ。元々そうする意図があるんですから。そういうことを含めて、いよいよオスプレイが横田基地にまで配備されます。そうやってなし崩し的に来るわけでしょ?この憲法の問題の骨格を、今日は小林先生に語ってもらいたいですね。

【義山望アシスタント】
こちらにのフリップに「憲法が条文通り政策や法制度に生かされていない」というところを3つまとめました。

まず一つ目、「なぜ米軍人・兵士らの犯罪」は日本の裁判所でさばけないのか?さばいても何故罪が軽くされるのか?」

これは「裁判権放棄の密約、米軍人・兵士の身柄引き渡しの密約」ということなんですが、これはどういうことなんでしょうか?


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

憲法の話から始まり、「なぜ日本がアメリカの属国のような立場に置かれているのか?」を解き明かす、大変興味深いお話でした。以前オプエドで、鳩山政権の時外務官僚がニセの「極秘文書」を捏造して、当時の鳩山首相の普天間基地の「最低でも県外移転」の公約を潰したというスクープを、鳩山元首相自身が明かしたことがありましたが、そんな風に日本の中には、日本人でありながら、日本よりもアメリカの国益のために働いている「獅子身中の虫」とも言える官僚や政治家が巣食っている、という現実があるようです。

これを徹底的に国家の中枢から追い出さないと、日本はいつまでもアメリカの属国のような立場から脱出できないのではないでしょうか?

80%が「東京五輪のボランティアに参加したい」と言っていた大学生が、本間氏の講義を聞いたあとは0%に…著述家 本間龍氏が五輪ボランティアの容赦ない実態を暴露!(2018/04/24)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.060

80%が「東京五輪のボランティアに参加した
い」と言っていた大学生が、本間氏の講義を
聞いたあとは0%に…著述家 本間龍氏が五輪
ボランティアの容赦ない実態を暴露!

2018/04/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲストは著述家本間龍(ほんま・りゅう)さん。東京オリンピックのタダボランティア問題についてお聞きします。レギュラー陣は手塚マキアンカー、義山望アシスタント、上杉隆解説委員です。

———————————-

【義山望アシスタント】
ここから本間さんに、タダボランティアついてお伺いします。先週、ある大学の法学部1年生に東京五輪ボランティアついて講義したそうですね?どのような内容だったんでしょうか?

【本間龍氏】
毎年呼んでいただいて90分一コマ講義をやってたんですが、今年は五輪ボランティアの話をまとめてみました。講義の1週間前にアンケートを取ったんですが…

・東京五輪に興味がある     21人 100%
・五輪ボランティアに参加したい 16人 80%

僕が想像していたよりもボランティア希望者の割合が高かった(80%)ですね。

このアンケートを取ったあとに五輪ボランティアの内情を説明して、その後に皆さんがどう思ったかをもう一回聞いてみようという流れだったんです。

講義の内容は、まずボランティアの活動分野ですが、一番多く人手が必要なのが、「案内」というやつ。会場内外で観光客に「並んでください」とかっていう、あれですよ。あとチケットのもぎりとか、セキュリティチェックとか。これに大体2万5千人ぐらい必要だと言うんです。これがまず大変なんですよ。真夏の酷暑の中、ほぼ外で活動するわけですから。でも、学生たちはこれに回されるとは思ってないんですよね。

応募条件は1日8時間程度で、10日以上できる人。オリパラ両方を希望する場合は20日以上。これは相当時間に余裕があって、お金もある人じゃないと参加できないですよね。…こんな内容を講義で説明しました。

その次に「組織委員会は凄く金を集めていて、高給取りである」ということを説明しました。推定ですが、協賛金の合計は4170億円ほどになります。だからお金はあるんです。

では、なぜオリンピックの運営は無償ボランティアでやるのか?招致委員会が提出した立候補ファイルでのスポンサー見込み金額は920億円。それが4000億円以上集まってるんだから、ウハウハでチケットはただで配ってもいいぐらいお金は集まってるんです。しかし、電通、JOCの利益の独占をほとんどのメディアが報じません。自分たちのサイフについては一切公表しない。

———————————-

当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いやあ、相変わらず本間さんの話はわかりやすくて明快ですね。東京五輪のタダボラの実態は一向に改善の見込みがないようです。少しでもオリンピックの実態が正確に多くの人に伝わってほしいものだと思います。

【訂正とお詫び】

昨日(4/24)放送の『ニューズ・オプエド』にて、上杉隆解説委員が株式会社ポジティブスターヨガ 代表取締役の庄司祐子氏について、「元AV」と発言しましたが、正しくは「グラビアイドル」の誤りでした。お詫びして訂正いたします。

本日(4/25)の番組内でも改めて訂正させて頂きます。

NOBORDER NEWS TOKYO

大リーグ評論家の福島良一さんをお迎えし、玉木正之アンカーとともに大リーグ観戦の思い出話で盛り上がる!(2018/04/23)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.059

大リーグ評論家の福島良一さんをお迎えし、
玉木正之アンカーとともに大リーグ観戦の
思い出話で盛り上がる!

2018/04/23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月曜日は玉木正之スポーツ編集長・主筆によるスポーツ特集!ゲストに大リーグ評論家の福島良一さんをお迎えし、長年の大リーグ観戦の様々エピソードを語っていただきました。ここではその中から3つをピックアップしてご紹介します。

———————————-

《球場のオルガン奏者》

【福島良一氏】
ロサンジェルスのドジャー・スタジアムで有名なオルガニスト、ヘレン・デルさんが出していたシングル盤のレコードがあるんですよ。表はTake Me out to the Ballgame、1908年にできた球場の定番曲ですね。もう片方はIt’s a beautiful day for a Ballgameという今でも受け継がれているワクワクする曲なんです。

もっと感動したのがホワイトソックスの専属オルガン奏者、ナンシー・フォーストのこのレコード。つい最近まで現役だったのですが、当時メジャーリーグ最高のオルガン奏者と言われて、野球だけじゃなく、バスケ、アイスホッケー、サッカーと一人で4つの競技をこなしていました。

ホワイトソックスの専属としては40年ぐらいやっていたのでしょうか。休んだのは5試合だけ。お子さんを出産した時。日本のオルガン奏者を連れて行った会わせたことがあるのですが、みんな感激していました。

各選手が打席に入る時の入場曲、あれを始めたのもこのナンシー・フォーストと言われてるんですよ。

———————————-

当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福島さん、玉木アンカーお二人ともメジャーリーグの話をしていたら楽しくて仕方ない、いつまででも語っていたいという感じでしたね。他にもたくさんの話をしてくださっていますので、番組アーカイブの方でお楽しみください。また、話題に登っているヘレン・デル、ナンシー・フォーストのオルガン演奏がYoutubeに掲載されていたので、下記【関連リンク】コーナーに張っておきました。

ベンツS560が炎上事故!実況見分ではドライバーのミスとされるも、本当にそうなのか?そして昨年度日本で一番売れたクルマは?ニューモデルマガジンX編集長 神領貢氏に訊く(2018/04/20)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.058

ベンツS560が炎上事故!実況見分ではドライ
バーのミスとされるも、本当にそうなのか?
そして昨年度日本で一番売れたクルマは?
ニューモデルマガジンX編集長 神領貢氏に訊く

2018/04/20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲストは、ニューモデルマガジンX編集長の神領貢(しんりょう・みつぐ)さん、支持政党なし代表の佐野秀光(さの・ひでみつ)さんです。「ベンツS560炎上問題」と「今日本で売れてるクルマ」についてお話を伺います。レギュラー出演者は乃木涼介アンカー、川島ノリコアシスタント、上杉隆解説委員です。

———————————-

【川島ノリコアシスタント】
ベンツS560炎上問題についてお伺いします。先日、ベンツS560が炎上する事故がありました。そちらの実況見分に神領さんが立ち会ったそうですね。

【神領貢氏】
はい、実況見分が17日火曜日に新木場の某所で行われました。

【川島アシスタント】
私は国産車しか乗ったことがないんですけど、ベンツって凄くガッチリしているというか、頑丈なイメージがあるんですけど、あそこまで炎上(ほぼ全焼)するというのは、何が原因なんでしょう?

【神領氏】
ガソリンに火がついているのであそこまで燃えるんですけど…このクルマは大体2000万円ぐらいします。このクルマが炎上して、全く原型を留めない姿になってしまいました。ドライバーさんは火がまだ小さいうちにクルマを出たので無事だったのですが、その後にガソリンに火がついて炎上しました。

消防の原因の分析をお話しますと、左の前タイヤの空気圧が下がり、その状態で高速走行を続けた結果、タイヤが遠心力でブヨブヨになってバーストしまして、タイヤの回転を止めてしまった。で、回転していないホイールが道路に接触した状態でかなりの距離を走ってしまって、真っ赤になるほど熱を持って、おそらくブレーキ系のオイルに引火して煙が出た。そこで運転手さんは車を止めて車外に避難した…と。

実はこのクルマはまだ新しくて、2月登録のほぼ新車です。走行距離は3000キロ程度。販売したのはヤナセなんですけど、新車で納車してから一回も入庫はしていないんです。タイヤを変えたりもしていない…なのになぜそんなことになったのか、原因は謎なんです。

【川島アシスタント】
これは今回リコール対象になるような事故なんですか?

※「ベンツ炎上問題」に関しては、当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

———————————-

【川島アシスタント】
ここからは日本で売れたクルマについて伺っていきます。まずはこのランキングをご覧ください。昨年の4月から今年の3月の間で、日本で売れたクルマのランキングなんですね。

1.トヨタ プリウス
2.日産 ノート
3.トヨタ アクア
4.トヨタ C-HR
5.ホンダ フィット
6.ホンダ フリード
7.トヨタ ヴォクシー
8.トヨタ シエンタ
9.トヨタ ヴィッツ
10.日産 セレナ

【川島アシスタント】
やっぱり人気なんですね、プリウス。これが今年の3月のランキングになると、日産のノートが一位になるんです。

1.日産 ノート
2.トヨタ プリウス
3.日産 セレナ
4.トヨタ アクア
5.ホンダ フィット
6.トヨタ ヴォクシー
7.トヨタ シエンタ
8.ホンダ フリード
9.トヨタ C-HR
10.トヨタ ヴィッツ

【神領氏】
ノートは今年1月~3月までずっと1位ですね。

———————————-

※「今日本で売れてるクルマ」について、当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ベンツが炎上…原因がはっきりしないのが気になりますね。ドイツ車はハイテクで安全性が高いイメージがありますが、こういう時は徹底的に原因究明してほしいものです。それから売れてるクルマのトップ3が、もうハイブリッド車が占めてるんですね。今はガソリン車から電気に移行する途上だと思いますが、あとはバッテリーのコストの問題が解決すれば、一気に電気自動車が主流の時代になるかもしれませんね。

今安倍昭恵夫人と連絡を取れる唯一の政治家、NHKから国民を守る党代表の立花孝志氏が語る森友学園問題。なぜ野党は事件の最大のキーマン、酒井康生弁護士を追求しないのか?(2018/04/19)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.057

今安倍昭恵夫人と連絡を取れる唯一の政治家、
NHKから国民を守る党代表の立花孝志氏が語る
森友学園問題。なぜ野党は事件の最大のキーマ
ン、酒井康生弁護士を追求しないのか?

2018/04/19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲストはNHKから国民を守る党代表の立花孝志(たちばな・たかし)さん。独自取材で森友学園問題を追求しており、今安倍昭恵夫人と直接連絡を取って森友問題について情報交換できる、おそらく日本で唯一の人物が立花さんです。ここまでの立花さんの取材と推理による森友学園問題の全体像を語っていただきました。レギュラー陣は真白リョウアンカー、佐藤由季アシスタント、大貫康雄解説委員です。

———————————-

【佐藤由季アシスタント】
立花さんは森友学園問題について、昭恵総理夫人や籠池さん長男に取材をしておられますが、まずはこの森友学園問題どういったことが問題なんでしょうか。

【立花孝志氏】
9億5千万の土地が1億3千万…8億円以上安く売られてしまった…我々の国有財産が不当に安く売られたことが一番大きな問題。おそらくそれを隠すために公文書を書き換えたということが二つ目の問題。大きくこの二つに分けることが出来るんではないかと思います。

【佐藤由季アシスタント】
結局問題の中心というのは誰になるんでしょう…?

【立花氏】
問題の中心…誰が主犯かと言うのは、ここまで取材してても僕もまだわからないんです。ただ、確実に酒井康生さんという弁護士(元森友学園の顧問弁護士)、この人が全ての鍵を握ってるんですね。この人が財務省や、国土交通省、もちろん籠池さんご本人、業者、大阪府の私学課…すべての関係者と連絡を取っているということは間違いないことなんです。

去年の5月に籠池さんが息子さんと二人で私のところにこられて、昭恵夫人から連絡があったのは今年の3月18日、両方から最初にオファーがあった時は普通にびっくりしましたが…どうもやはりこの酒井弁護士に聞いてみないとわからないということは間違いないんですね。

例えば財務省側が不当に「安くしろ」とやったんだとすると、安倍総理の関与が強く疑われますし、業者が8億儲けようとしたんだとすれば、業者や地元の政治家レベル…大阪の摂津市のね、元維新の大阪府議、安倍賞久氏に疑いが持たれる…。

最初に学校を作りたかったのは間違いなく維新の政治家なんですよ。そういった意味では維新が主導したのかも知れないんですが、僕が籠池さんご本人から聞いているのは「業者がゴミを捏造した」ということなんです。業者側が「ゴミがあった」と嘘をついたと。籠池さんが言ったことが本当だとすると、業者がスタートなんですよね。

今の報道で言われてる「トラックでゴミを運んだことにしてください」と言ってるのは財務省の方なんですけど、でもいきなりそんなこと言われてもやらないじゃないですか。その前に共犯関係があったのかどうかは、やっぱり酒井康生弁護士に聞かないとわからない…。

———————————-

※当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

立花さんの森友問題の解説は、取材で裏を取ってる部分と推理の部分が入り混じってますが、たった一人で森友問題をここまで掘り下げてる人は、立花さんと菅野完さんぐらいしかいないんじゃないでしょうか?

もちろんそれでも立花さん一人で事件の全容解明は難しいかもしれません。しかし風穴を開けるぐらいのことはやってくれるかもしれない…今後も注目していきたいところです。

《ヴォイス・オブ・フクシマ》震災時の藤沼湖の決壊によって7人の命が失われた現場から中継…この悲劇を繰り返さぬよう、どうすればいいのか?(2018/04/19)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.056

《ヴォイス・オブ・フクシマ》
震災時の藤沼湖の決壊によって7人の命が
失われた現場から中継…この悲劇を繰り
返さぬよう、どうすればいいのか?

2018/04/19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この日はヴォイス・オブ・フクシマの中継がありました。おなじみのラジオパーソナリティ、久保田彩乃さんのリポートです。後半で大貫康雄解説委員のコメントもあります。

———————————-

【久保田彩乃氏】
今日は須賀川市の長沼地区というところに来ています。ご覧のとおり、非常に静かな田舎町です。今日はとても暖かい一日で、このあたりももうそろそろ桜の時期は終わりです。

そんな須賀川市長沼地区のこの場所は、震災の後に出来た防災緑地公園です。ここは震災の前は住宅があった場所なんです。今は何もない緑地公園になっています。公園のすぐ横を小さな川が流れているのですが、西の方に流れていくと阿武隈川に行き着きます。

この川の東側5kmほど上流の山には藤沼湖という、灌漑用のダムが今でもあります。震災の時はここは「もう一つの津波の場所」と言われまして、藤沼湖が震災によって決壊して、濁流が津波のように流れてきました。それによって7人の方が亡くなり、現在でも1歳半の男の子が行方不明のままの状態です。

———————————-

※当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

復興と放射能汚染に対する注意喚起は、ある意味正反対のベクトルを持っていますので、本当に難しい問題です。何十年も福島の方々にその十字架を背負わせることになってしまうのが現実でしょう。それだけに、どんなことがあっても原発事故は二度と起こしてはいけませんね…。