日別アーカイブ: 2018年2月2日

「髪・顔・装い・精神・健康」…これが美容の5大原則!山野学苑学長 山野正義氏の考えるこれからの美容師像とは?(2018/02/01)

2月1日のニューズ・オプエドはゲストに山野学苑学長の山野正義さんをお迎えし、 山野学苑の教育についてお話を伺いました。もう一人のゲストはジャーナリストのケン・ジョセフさん、解説委員は東洋大学教授の薬師寺克行さんです。


【アシスタント 佐藤由季】
山野学苑は美容・福祉に力を入れているそうですが、どんな取り組みをしているのでしょうか?

【山野正義氏】
美容は「髪・顔・装い」という外見的なものを整える、その技術者を育てているわけですが、山野学苑では「中からの美しさ」をプロデュースできるように、「精神美・健康美」と…精神美というのは、人を妬んだり、ヤキモチを焼いたり、そういう気持ちがあるといくら着飾ってもきれいになりませんよ、と。もう一つは、病気をしてしまうと美しさを自分で表現できませんから…ですから美容の5大原則として「髪・顔・装い・精神・健康」それを推し進めていきました。

世界中でファッションは重要視されていますが、よくよく考えると若い人はあまりお金がないんですね。持っているのは高齢者なんですよ。1000兆とも言われています。ではそのお金をどうやって使ってもらうか?美容の力を使っていくんです。90歳のおばあさんに口紅を塗っただけでおしめが取れちゃったとか。男性も無口で部屋の隅でいたのを、ネクタイを付けてジャケットを着せたら、いきなり喋りだしたりとか。美容の力をなんとか利用して、高齢者を元気にしたいんです。

先代の山野愛子が80歳から6年間、老人ホームを回って歩いたんですね。そこではじめに「皆さん、梅干しババアという言葉を知っていますか?」と聞くんですよ。すると「何、この人?」と皆さんをひきつけるんです。そこで「梅干しババアという言葉はあるけど、梅干しジジイって聞いたことないでしょ?」と。その理由は、男性は毎朝カミソリをあてて髭を剃ってる。美しく有りたい、若く有りたい、触れてもらいたい…そういうことなんです。

【上杉隆アンカー】
山野さんは今おいくつなんですか?

【山野氏】
私は今年82歳です。

【上杉アンカー】
肌が綺麗ですねえ。…ほんとに凄い。

【山野氏】
別に特別な高いクリームなんか使ってないんですよ。この歳になりますと、どうしても必要なものがあります。一つは居場所、それから友達、そして目的。これが一つでも欠けると、こたつに入って動かない…ということになりますから。

今の女性はあまりショッピングに行かなくなってきましたね。パソコンでなんでも買えますから。いずれ美容院も美容師が家に出かけていく…これからは「カリスマ美容師」ならぬ「行きます美容師」そういうふうになっていくだろうと、10年前から先を見越してやっています。


…まさに山野さんご自身が「精神美・健康美」を体現されていらっしゃる感じで、82歳の今も「これからの美容師はどうあるべきか」を考え、前向きに仕事に取り組んでいることが元気と若さの秘訣なんだろうと思います。このあとも「美容師・理容師・マッサージ師…こういったお客さんと長時間向き合って、体に触ってお世話をするプロが高齢者を元気にする。様々なお世話ができるコンシェルジュのような人材を育てたい」などの話で盛り上がりました。そちらの方は是非番組サイトで本編をご視聴ください。

また、そのあとの有料時間帯の「薬師寺教授の注目ニュース」では、「北極」というテーマで、今北極圏の様々な資源が注目されていて、中国がいち早く目をつけて開発に乗り出している、というお話を伺いました、そちらの方も合わせて番組本編をご視聴ください。

2月1日放送分は、2月2日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。

《Voice of FUKUSHIMA》昨年一部避難指示が解除になった富岡町の現状は?「富岡町 3.11を語る会」の中山弘子氏に伺う(2018/02/01)

2月1日のニューズ・オプエドはVoice of FUKUSHIMAの中継がありました。おなじみのラジオ・パーソナリティ久保田彩乃さんと、「富岡町 3.11を語る会」の中山弘子さんをゲストにお迎えしてお話を伺いました。

「富岡町 3.11を語る会」は震災、原発事故を後世に語り継ぎ、そして町に見学に来た県外の人をガイドする活動もされています。中山さんは主に見学者のツアーガイドの方をされているそうです。


【久保田彩乃氏】
ツアーはどういったところを回るのでしょうか?

【中山弘子氏】
富岡町は昨年避難指示の一部が解除されました。震災後どのような変化があったのか、あるいは震災前はどのような町だったのかをご案内してます。富岡町の富岡地区は「何年経っても変わらない町」という紹介をしていました。放射能で立ち入りできないので、そのままの形がずっと残っていたからです。津波で壊れた建物などがずっとそのまま残っている…そういったところを見ていただいていました。

富岡町には事故は起こさなかったけれども危機的な状況になった福島第2原発があるので、そこを直に見てもらい、津波の被災地区とも重なるので、どのくらいの高さの津波が来たのかも含めて、見ていただいてます。

【久保田氏】
3.11を語る会の皆さんは冊子も作っています。(下の写真)

【久保田氏】
夜ノ森地区の方はまだ避難指示が解除されていませんが、事故以前のJR夜ノ森駅はこのように時期になるとツツジが咲き乱れて、時刻表の表紙になったことあるほど美しい場所でした。

【久保田氏】
それが今はこのような状態になっています。

【中山氏】
夜ノ森駅周辺は線量が高く「帰還困難区域」で、除染も行われていませんでした。しかし昨年方針が転換されて除染が行われたのですが、ツツジはこのように切られてしまいました。ただ、根っこは残してくれたんです。

【久保田氏】
じゃあ、いずれはまた復活するかもしれないんですね。

【中山氏】
5年、10年…どれぐらいかかるかわかりませんが、同じ木から再びツツジが咲くことを楽しみにしています。


…このような状況は普通現地に行かないとわかりませんが、それを伝えてくれるVoice of FUKUSIMAは貴重な存在ですね。

実際に「富岡町 3.11を語る会」の話を聞いてみたい、ツアーガイドをお願いしたい場合などの連絡先は以下のとおりです。

また、「富岡町 3.11を語る会」主催で、福島の若者が演じる演劇会が東京代々木のオリンピックセンターで2月26日(月)に開かれます。こちらの申し込み・問い合わせも上記までどうぞ。

…こちらに書いた内容はダイジェストですので、詳しくは番組サイトより本編をご視聴ください。

2月1日放送分は、2月2日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。