日別アーカイブ: 2018年1月17日

「世の中のリーダーが取る態度じゃない」「政権自体が漫画みたいだ」川内博史議員、波頭亮氏が安倍政権を徹底批判!(2018/01/16)

1月16日の特集は、ゲストに衆議院議員の川内博史さんと経営コンサルタントの波頭亮さんをお迎えし、1月22日から始まる通常国会についてお話を伺います。


【アシスタント 義山望】
川内さんから見て今回の通常国会で注目している点はどのようなことでしょうか?

【川内博史衆議院議員】
通常国会で注目しているというよりは、「今年安倍さんが辞めるのか、辞めないのか」辞めさせることができるのかできないのかが、非常に大きな今年の焦点だと思います。今年の自民党の総裁選で当選すると、安倍総理が9年間続くわけですからね。これはいかにも長すぎでしょう。「権力は必ず腐敗する」という言葉がありますが、安倍先生、並びに安倍先生の周辺のお友達のみが優遇をされるようになって行ってるし、反対意見を許さない状況になって行ってるし、お友達でも裏切った人は数ヶ月間勾留されるという悲惨な状況でもあるし…この状況が続くことを国民が許すのか、許さないのかということが今年の大きな焦点であると思います。

【アシスタント 義山】
安倍首相は通常国会は「働き方改革国会」と発言していますが、波頭さんはこれはどのようにご覧になっていますか?

【波頭亮氏】
最近会った経営者の方に聞いたら、誰一人これに賛成してないよね。もちろん、ブラック企業の問題とかはなんとかしなきゃいけないと思う。だけど世界中の国で「労働者を働かせすぎない」という配慮はあるけど、ホワイトカラーエグゼンプションとセットなんだよね。…一生懸命働きたい人の働く権利を奪ってるよね。勉強だったり経験だったりを積み上げて、初めて身につくスキルというものもある。単純労働や飽きちゃうような労働は「働かせ過ぎは良くない」と言うのはそのとおりだけど、修練を積み重ねるとか、ずーっと研究を積み重ねると行った仕事にまで、十把一からげに対象にしちゃうのはクレージーだよね。もうちょっと現実に沿った政策にしないと全然ダメだと思う。

〜中略〜

【波頭亮氏】
さっき川内さんが言った「今年安倍さんが辞めるのか、辞めないのかが今年の最大のイシュー」ということだけど、もうこれは野党マターじゃないと思う。自民党マターでしょう。「自民党の皆さん、あんな党首をほんとうに立派だと思ってるんですか?」と。野党と与党の間には政策の違いによる対立があるが、今一番安倍政権で問題になっているのは「政治の進め方」だよね。民主主義のルールとか、言ったことを平気で覆すとか。あれは世の中のリーダーが取る態度じゃない嘘が平気だし、その都度その都度言うことがコロコロ変わるし、都合の悪いことは全部無視するし…「それでいいと思ってるんですか?」ということを、政権の人ではなく、自民党という党に対して突きつけたいよね。

【川内議員】
政策論争以前の問題として、政治への信頼そのものに関わる嘘やごまかしや隠蔽が横行し、そして佐川さんという理財局長は国税庁長官にまで出世し、税理士会との会談では「ほんの些細なことで組織の信頼は崩壊するので、心していただきたい」みたいなことを言ってますよね…「あなた、自分は何なのよ」と。もう、政権自体が漫画みたいになってるんですよ。それでも自民党の先生方は安倍さんを三選させるんですか?今でさえこの状況なのに、三年後いったいこの国はどうなってるんですか?と。その場しのぎで適当なことを言いながら、バレたら書類を破棄し、ある時は嘘をつき…というね。そういうことを繰り返すわけですよね。

【乃木涼介アンカー】
川内さん、選挙前は「国難だ」と言ってたわけですよね?で、次の国会は「働き方改革」って…国難はどこに行ったんでしょうね?

【川内議員】
だから、安倍さん自身が国難なんですよね。これをどうするかという問題。


…乃木アンカーも含め、三人とも安倍政権の批判を始めると留まるところを知らない、という感じですね。このあとの有料時間帯では、沖縄でヘリが相次いで墜落している問題について「日米地位協定を見直さなければならない」ということをお二人とも強調されていました。ここに書いた内容はごく一部ですので、そちらも含め、全編は番組サイトで是非ご視聴ください。

1月16日放送分は、17日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。


2018年よりニューズ・オプエドでは新しく「解説委員制度」がスタートしました。解説委員に就任したのはレギュラー陣の中から大貫康雄さん、薬師寺克行さん、平林壮郎さん、そして上杉隆です。新しくなったニューズ・オプエドをどうぞお楽しみに!

香港グルメ情報!2年ぶりに登場の楢橋里彩 香港特派員がご案内(2018/01/16)

1月16日のニューズオプエドは、楢橋里彩 香港特派員による2年ぶりの香港中継がありました!香港のグルメ情報です。

沢山の観光客が訪れる世界有数の観光都市、香港ですが、逆に香港では日本ブームで、多くの人が日本に訪れているそうです。

日本では高級中国料理の代名詞の北京ダックも、香港ではランチで気軽に食べることができます。

こちらが今日ご紹介する「火鍋」のお店。カジュアルな雰囲気です。

注文したのは定番の2種類のスープ。白いほうが豚骨ベース、赤いほうが四川麻辣スープ。

このお店の人気の理由の一つが、8種類の薬味とタレを自分でブレンドして、お好みの火鍋のタレを作れること。

百種類以上の豊富なメニューは香港ならではです。

こちらはデザートの専門店。デザートはデザート専門の店に行くのが香港流

こちらは蓮の実が入った小豆のおしるこ。

こちらはアーモンドのおしるこ。

香港は最近物価高で、マクドナルドのチーズバーガーが日本円で400円ぐらい、スターバックスのトールサイズのコーヒーが400〜600円ぐらいだそうです。でも、一度は行ってみたいですね!

ここに書いたのはダイジェストですので、是非全編を番組サイトでご視聴ください。

1月16日放送分は、17日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。


2018年よりニューズ・オプエドでは新しく「解説委員制度」がスタートしました。解説委員に就任したのはレギュラー陣の中から大貫康雄さん、薬師寺克行さん、平林壮郎さん、そして上杉隆です。新しくなったニューズ・オプエドをどうぞお楽しみに!