日別アーカイブ: 2018年1月16日

「オリンピックは平和の祭典」…その本質はどこにあるのか?玉木正之編集長と春日良一氏が浮き彫りにする(2017/01/15)

1月15日月曜日のニューズオプエドは、NOBORDERスポーツの玉木正之編集長・主筆によるスポーツ特集です。ゲストはゲンキなアトリエ代表の春日良一さんをお迎えし、来月開催の平昌オリンピックについてお話を伺いました。


【春日良一氏】
私がずっと主張している「スポーツを世界平和構築のツールに」という部分で、まさに今(朝鮮半島の)北と南の問題があるわけじゃないですか。北朝鮮が平昌オリンピックに参加するかしないかはとても大きな問題で、参加するように持っていくことをIOCでもやっていたと思うんですが、それが実現の方向に来たということは大きな意義を持つんじゃないかと思っています。

もう一つのスポーツ界の長年の夢としては、政治的には分断された北と南が、オリンピックなどのスポーツの大会では「統一コリア」として出るということがあります。

【玉木正之編集長】
過去にも何回かあるわけですよね。

【春日氏】
いや、まだ実現はしてないですね。オリンピックで「統一コリア」は。

【玉木編集長】
なるほど、開会式だけは行進したけれども…。

【春日氏】
ええ、シンボライズするものとして「合同行進」は3回ぐらいやってるんですけども…。1964年の東京オリンピックでもそういう動きはあったんです。

〜中略〜

【春日氏】
ご存知のようにオリンピック憲章では、「国」っていうものがないんです。各地域のオリンピック委員会があって、それがIOCに認められれば、そこの領域をオリンピック運動でまとめていくと…そういう構造になるんですね。だから日本代表選手団の旗は、国旗じゃないんです。日本オリンピック委員会が日の丸を「日本選手団の旗」として登録しているからそれを使うんですけれども…。

【玉木編集長】
君が代も国家として歌うんじゃなくて、「日本選手団の歌」として君が代を歌うんですね。

【アシスタント 川島ノリコ】
へえ〜!

〜中略〜

【玉木編集長】
スポーツが主導権を握った上で政治を是正する…そういう方法もあるわけですよね。

【春日氏】
統一コリアをみんなが望んでいることが、これによって見えますよね。

〜中略〜

【春日氏】
ちょっと残念なのは「北朝鮮が来る」っていう話になっているのに、安倍首相が「開会式は出ない」っておっしゃったじゃないですか。それから都知事もこの間「行かなくてもいい」って。…あれも逆におかしいですよね。オリンピックは政治を越えた大会であるはずなのに、2020年は東京オリンピックがあるわけですから、オリンピックシティの責任者が行かないのはおかしいし、「マリオまでやった人がなんで行かないの?」っていう話ですよね。

【玉木編集長】
ただ、韓国が安倍首相がオリンピックで来ることによって、それを政治利用しようと言うこともありますよね?それについてはどう思われます?

【春日氏】
オリンピックに呼んでいるのは、国際オリンピック委員会なんですよ。国際オリンピック委員会のインビテーションに対して安倍さんが「ノー」という必要は全く無いわけじゃないですか。「オリンピックは参加することに意義がある」と言うのは、そういう意味なんですよ。

【玉木編集長】
韓国の大統領に会いに行くわけじゃないんですよね。

【春日氏】
オリンピックっていう特別な空間、時空に呼ばれた人が「オリンピックに賛同してるから行きます」っていうことで作って行き、各国のVIPが来て、オリンピックを賞賛する…そのことが平和を作るわけですよ。

それなりの覚悟で、その運動に参加していくという意思を表明しないといけない。そうすると、韓国が政治利用しようという意図も超えるわけじゃないですか。安倍さんのほうが上を行くことになるわけですよ。


…特に印象的な部分を抜き出してみましたが、この日のお二人の話は一貫して「オリンピックは本来どういうものなのか、スポーツが、オリンピックが政治を越えて『平和の祭典』と言われる所以はどこにあるのか」…という本質を掘り下げるものでした。

ここに書いたのは番組のほんの一部ですので、是非全編を番組サイトでご視聴ください。

1月15日放送分は、16日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。


2018年よりニューズ・オプエドでは新しく「解説委員制度」がスタートしました。解説委員に就任したのはレギュラー陣の中から大貫康雄さん、薬師寺克行さん、平林壮郎さん、そして上杉隆です。新しくなったニューズ・オプエドをどうぞお楽しみに!