カテゴリー別アーカイブ: 未分類

野球のピッチャーの投げ方は人間にとって不自然?ピッチャーがゴルフも上手いのはなぜ?イチローは将来メジャーで監督?…野球解説者の青島健太氏と語る野球談義の数々(2018/05/07)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.070

野球のピッチャーの投げ方は人間にとって不自
然?ピッチャーがゴルフも上手いのはなぜ?
イチローは将来メジャーで監督?…野球解説者
の青島健太氏と語る野球談義の数々

2018/05/07

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月曜日は玉木正之スポーツ編集長・主筆によるスポーツ特集!ゲストに野球解説者の青島健太さんをお迎えし、野球談義に花が咲きました。この日は上杉隆エグゼクティブ・プロデューサーも参加しました。アシスタントは川島ノリコです。

話題は多岐にわたりましたが、ここでは3つほどピックアップしてご紹介します。

———————————-

《野球のピッチャーの投げ方は人間にとって不自然?》

【玉木正之編集長】
(青島さんが)頭角を現したのは何歳ごろからですか?

【青島健太氏】
6年生の時には新聞社主催の県大会で優勝しましたね。ピッチャーで。

【玉木編集長】
プロに行く人は、(子供の頃は)皆ピッチャーですね。

【青島健太氏】
まあ、それは多いかもしれないですね。ボールを投げるという行為は、極めて難しい行為ですよ。これを速く投げられる、ないしは捕れるということは、打つ方にもほぼほぼ繋がりますし。ボールが速く投げられるというのは、象徴してますね。

【上杉隆エグゼクティブ・プロデューサー】
ピッチャーができれば、他の8つのポジションは大体出来ますよね。
でも、ピッチャーはちょっと難しい。

【玉木編集長】
ボールを投げるというのは、人間にとっては不自然な行為なんですよね。例えが悪いですけど、(野球が普及していない)ヨーロッパのデモ隊が石を投げているのを見ると、下手くそなんですよね。アメリカや日本のほうがまともに上から投げている。

【青島氏】
それで思い出しましたが、クリケットは投げ方が全然違っていて、助走して肘を使わず、腕を棒のようにして投げるんですよね。

【玉木編集長】
野球も昔はピッチャーズ・ボックスと言って、3歩ぐらい助走できたんですよね。その前はピッチですから下から投げてたんです。それが横になって、上になって、助走が付いて、助走がなくなってプレートだけになったんで、肩を壊すようになったっていうか…人間にとって無理な投げ方をするようになった。

(他のスポーツでは)やらないですよね、あんな投げ方。一歩踏み出すだけで上からブンと投げると言うのは。

【青島氏】
ないでしょうねえ…。

【上杉EP】
陸上競技でもやり投げとか助走がありますもんね。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

安保条約、地位協定、そして日米合同委員会…日本は米国の属国として仕組まれている!? 憲法学者 小林節氏がそのカラクリ、そして安倍政権の憲法改正の欺瞞性を喝破する!(2018/04/25)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.061

安保条約、地位協定、そして日米合同委員会
…日本は米国の属国として仕組まれている!?
憲法学者 小林節氏がそのカラクリ、そして
安倍政権の憲法改正の欺瞞性を喝破する!

2018/04/25

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲストに憲法学者 小林節(こばやし・せつ)さんをお迎えし、「憲法と日米関係」というテーマでお話をお聞きしました。レギュラー陣は乃木涼介アンカー、義山望アシスタント、大貫康雄解説委員でお送りします。

———————————-

【義山望アシスタント】
小林さん、大貫さんに、憲法と日米関係についてお伺いします。安倍総理は以前から改憲を訴えており、特に憲法9条に3項を加える案を提案していますね。改憲を訴えていることで、憲法に関心を持つ人も多くなったと思います。この安倍総理改憲案について、小林さんはどう考えていますか?

【小林節氏】
言ってることが支離滅裂なんですね。「9条の1項と2項は変わりません、平和主義も変わりません、専守防衛も変わりません。ただ、災害救助などに頑張っている自衛隊が違憲と言われるかわいそうな状態をなくすために、憲法の中に『自衛隊』を入れれば、違憲論争は消せる」…と言ってるわけですよね。

ところがこないだみたいにモリカケ問題が再炎上した時に、細田さん一任でぽっと出てきたのが、新しい9条の3項を作って「必要な自衛措置が取れる」と。これだと「トランプさんに他でいじめられますから、じゃあ中東に付き合います」ということが出来てしまう。同じ法典で新しい条文と古い条文がぶつかったら、新しい方が優先されますから。9条の2項で「必要最小限の自衛隊しか認めない」となっていたものが、新3項で「必要ならなんでも出来ます」ということになったら「最小限」は消えちゃうじゃないですか。

何のための平和主義か?「気に入らないやつはアメリカと一緒に成敗するんだ」というのは、軍国主義ですよ。専守防衛でもない。「必要があれば地球の裏側でも行く」んですから。

「自衛隊」っていう言葉が入っても、「これって必要ですか?」って言うことが残る。例えばグアム島あたりでアメリカが戦争する時バックアップで助けるということであれば、近いからあり得るかもしれない。でも、中東まで言って一緒に戦争するということになると、「あんたは必要と思うかもしれないけど、私は思わない」という違憲論争が起きると思うんですよね。だから、安倍さんの言ってることは何の説得力もない。

【大貫康雄解説委員】
日本だけでなく、どこの国もそうなんですが、一つ小さな穴を開けると、どんどん拡大していくんですよ。自民党の有力者の古賀さんんも言ってましたけど、「絶対にこれは変えちゃいけない」と。当たり前のことなんですよ。そうでないと小林さんがおっしゃったように、どんどん崩れていくんですよ。元々そうする意図があるんですから。そういうことを含めて、いよいよオスプレイが横田基地にまで配備されます。そうやってなし崩し的に来るわけでしょ?この憲法の問題の骨格を、今日は小林先生に語ってもらいたいですね。

【義山望アシスタント】
こちらにのフリップに「憲法が条文通り政策や法制度に生かされていない」というところを3つまとめました。

まず一つ目、「なぜ米軍人・兵士らの犯罪」は日本の裁判所でさばけないのか?さばいても何故罪が軽くされるのか?」

これは「裁判権放棄の密約、米軍人・兵士の身柄引き渡しの密約」ということなんですが、これはどういうことなんでしょうか?


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

憲法の話から始まり、「なぜ日本がアメリカの属国のような立場に置かれているのか?」を解き明かす、大変興味深いお話でした。以前オプエドで、鳩山政権の時外務官僚がニセの「極秘文書」を捏造して、当時の鳩山首相の普天間基地の「最低でも県外移転」の公約を潰したというスクープを、鳩山元首相自身が明かしたことがありましたが、そんな風に日本の中には、日本人でありながら、日本よりもアメリカの国益のために働いている「獅子身中の虫」とも言える官僚や政治家が巣食っている、という現実があるようです。

これを徹底的に国家の中枢から追い出さないと、日本はいつまでもアメリカの属国のような立場から脱出できないのではないでしょうか?

台湾の現代政治について、そして日本の70〜90年代の政界について…現代日本の政界にもつながる話をジャーナリスト小枝義人氏、藤本順一氏に伺う(2018/04/18)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.055

台湾の現代政治について、そして日本の70〜
90年代の政界について…現代日本の政界にも
つながる話をジャーナリスト小枝義人氏、
藤本順一氏に伺う

2018/04/18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はゲストにジャーナリストの小枝義人さんとジャーナリストの藤本順一さんをお迎えし、小枝さんが30年以上取材を続けている台湾の政治について、それから日本の70〜90年代の政界についての話をお伺いしました。レギュラー出演者は乃木涼介アンカー、義山望アシスタント、上杉隆解説委員です。

(当ブログ記事では特集後半部分の一部をご紹介します。)

———————————-

【義山アシスタント】
ここからは70年代から90年代の政治についてお聞きしていこうと思います。

【小枝氏】
僕は最初は洋楽番組を作りたいと思ってラジオ関東(現ラジオ日本)に入ったんですけど、でも「お前は報道」って言われて…結局一番多い仕事は政治関係なんですよ。大平(総理)さんにくっついて、伊勢神宮に行ってこいとか、デンスケ持っていって…。自分の親父よりもちょっと年上ぐらいの政治家たちが、実にエネルギッシュに動くんですよ。そのオッサンたちが凄く魅力的だった…人間的に。

中川一郎なんて人は、僕がデンスケ(当時のポータブル録音機の俗称)持って取材に行って、中川さんが突然でてきたもんだから後ろからワッと押されて、中川一郎さんの胸に激突したことがあったんですよ。「怒鳴られるかな?」と思ったら、肩を叩かれて「大丈夫ですか?」って言われて…もう感激して「この人大好きだ!」って簡単に思いました(笑)。

要するに、僕はジャーナリストに向いてない。それで中川さんが好きになっちゃったんで、亡くなった時はとても悲しかった…。

さっき藤本さんが「安倍さんも麻生さんもいい人で、義理人情が有るよ」と言ってたけど、まさにその義理人情の部分で凄く動くし、あとは派閥ですね。当時(1980年前後)は政権交代の可能性なんて一切ないわけですから。自民党政権しかありえないんですよ。で、どこの派閥がどんな動きをしてるかってことで、担当記者がベタっと張り付くわけですよ。するとほとんどの記者は担当した人のシンパになるし、担当した政治家が出世すれば、その人も会社の中で出世するって言うシステムだったんですよ。

【上杉解説委員】
そう、だから担当政治家のスキャンダルなんか書くわけないんですよ。自分の出世もなくなるんだから。

※当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「担当政治家が出世すると、記者も出世する…だからスキャンダルなんか書くわけないんですよ」という言葉は象徴的ですね。何十年も前から続いている記者クラブ制度の弊害を端的に表している言葉です。その弊害が現在では限界に達するほど膨れ上がってしまっているということですね…。

この3月に朝日新聞が「森友決済文書改ざん疑惑」を報じて以来、森友問題が再燃しましたが、この朝日新聞のスクープにしても報じたのは社会部で、同じ朝日新聞の政治部は権力との癒着が有るから、このスクープを止めようとしたそうです。朝日新聞社内でもそうしたせめぎあいがあったんですね。官房長官会見で菅官房長官にいつも鋭い質問をしている東京新聞の望月記者も社会部。同じ記者会見にいながら、他の政治部記者は望月記者のあとに続こうとしない…むしろ「こいつ目障りだな」と排除しようとするのは、そういう背景があるんですね。

【お知らせ】「ニューズ・オプエド」リニューアルサイト公開延期について

平素はオプエドサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

先にご案内を行いました情熱報道ライブ「ニューズ・オプエド」リニューアルサイト公開につきまして、安全面(セキュリティー)の最終確認を行うため延期することにいたしました。楽しみにされている皆様には大変申し訳ありませんがご了承いただけますよう宜しくお願い致します。

ご利用される皆様により安全に使いやすいサイト作りを目指し日々、努力してまいります。
リニューアルサイト公開につきましては改めましてご案内させていただきます。今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

平成30年4月18日
㈱NOBORDER NEWS TOKYO

「髪・顔・装い・精神・健康」…これが美容の5大原則!山野学苑学長 山野正義氏の考えるこれからの美容師像とは?(2018/02/01)

2月1日のニューズ・オプエドはゲストに山野学苑学長の山野正義さんをお迎えし、 山野学苑の教育についてお話を伺いました。もう一人のゲストはジャーナリストのケン・ジョセフさん、解説委員は東洋大学教授の薬師寺克行さんです。


【アシスタント 佐藤由季】
山野学苑は美容・福祉に力を入れているそうですが、どんな取り組みをしているのでしょうか?

【山野正義氏】
美容は「髪・顔・装い」という外見的なものを整える、その技術者を育てているわけですが、山野学苑では「中からの美しさ」をプロデュースできるように、「精神美・健康美」と…精神美というのは、人を妬んだり、ヤキモチを焼いたり、そういう気持ちがあるといくら着飾ってもきれいになりませんよ、と。もう一つは、病気をしてしまうと美しさを自分で表現できませんから…ですから美容の5大原則として「髪・顔・装い・精神・健康」それを推し進めていきました。

世界中でファッションは重要視されていますが、よくよく考えると若い人はあまりお金がないんですね。持っているのは高齢者なんですよ。1000兆とも言われています。ではそのお金をどうやって使ってもらうか?美容の力を使っていくんです。90歳のおばあさんに口紅を塗っただけでおしめが取れちゃったとか。男性も無口で部屋の隅でいたのを、ネクタイを付けてジャケットを着せたら、いきなり喋りだしたりとか。美容の力をなんとか利用して、高齢者を元気にしたいんです。

先代の山野愛子が80歳から6年間、老人ホームを回って歩いたんですね。そこではじめに「皆さん、梅干しババアという言葉を知っていますか?」と聞くんですよ。すると「何、この人?」と皆さんをひきつけるんです。そこで「梅干しババアという言葉はあるけど、梅干しジジイって聞いたことないでしょ?」と。その理由は、男性は毎朝カミソリをあてて髭を剃ってる。美しく有りたい、若く有りたい、触れてもらいたい…そういうことなんです。

【上杉隆アンカー】
山野さんは今おいくつなんですか?

【山野氏】
私は今年82歳です。

【上杉アンカー】
肌が綺麗ですねえ。…ほんとに凄い。

【山野氏】
別に特別な高いクリームなんか使ってないんですよ。この歳になりますと、どうしても必要なものがあります。一つは居場所、それから友達、そして目的。これが一つでも欠けると、こたつに入って動かない…ということになりますから。

今の女性はあまりショッピングに行かなくなってきましたね。パソコンでなんでも買えますから。いずれ美容院も美容師が家に出かけていく…これからは「カリスマ美容師」ならぬ「行きます美容師」そういうふうになっていくだろうと、10年前から先を見越してやっています。


…まさに山野さんご自身が「精神美・健康美」を体現されていらっしゃる感じで、82歳の今も「これからの美容師はどうあるべきか」を考え、前向きに仕事に取り組んでいることが元気と若さの秘訣なんだろうと思います。このあとも「美容師・理容師・マッサージ師…こういったお客さんと長時間向き合って、体に触ってお世話をするプロが高齢者を元気にする。様々なお世話ができるコンシェルジュのような人材を育てたい」などの話で盛り上がりました。そちらの方は是非番組サイトで本編をご視聴ください。

また、そのあとの有料時間帯の「薬師寺教授の注目ニュース」では、「北極」というテーマで、今北極圏の様々な資源が注目されていて、中国がいち早く目をつけて開発に乗り出している、というお話を伺いました、そちらの方も合わせて番組本編をご視聴ください。

2月1日放送分は、2月2日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。

《Voice of FUKUSHIMA》昨年一部避難指示が解除になった富岡町の現状は?「富岡町 3.11を語る会」の中山弘子氏に伺う(2018/02/01)

2月1日のニューズ・オプエドはVoice of FUKUSHIMAの中継がありました。おなじみのラジオ・パーソナリティ久保田彩乃さんと、「富岡町 3.11を語る会」の中山弘子さんをゲストにお迎えしてお話を伺いました。

「富岡町 3.11を語る会」は震災、原発事故を後世に語り継ぎ、そして町に見学に来た県外の人をガイドする活動もされています。中山さんは主に見学者のツアーガイドの方をされているそうです。


【久保田彩乃氏】
ツアーはどういったところを回るのでしょうか?

【中山弘子氏】
富岡町は昨年避難指示の一部が解除されました。震災後どのような変化があったのか、あるいは震災前はどのような町だったのかをご案内してます。富岡町の富岡地区は「何年経っても変わらない町」という紹介をしていました。放射能で立ち入りできないので、そのままの形がずっと残っていたからです。津波で壊れた建物などがずっとそのまま残っている…そういったところを見ていただいていました。

富岡町には事故は起こさなかったけれども危機的な状況になった福島第2原発があるので、そこを直に見てもらい、津波の被災地区とも重なるので、どのくらいの高さの津波が来たのかも含めて、見ていただいてます。

【久保田氏】
3.11を語る会の皆さんは冊子も作っています。(下の写真)

【久保田氏】
夜ノ森地区の方はまだ避難指示が解除されていませんが、事故以前のJR夜ノ森駅はこのように時期になるとツツジが咲き乱れて、時刻表の表紙になったことあるほど美しい場所でした。

【久保田氏】
それが今はこのような状態になっています。

【中山氏】
夜ノ森駅周辺は線量が高く「帰還困難区域」で、除染も行われていませんでした。しかし昨年方針が転換されて除染が行われたのですが、ツツジはこのように切られてしまいました。ただ、根っこは残してくれたんです。

【久保田氏】
じゃあ、いずれはまた復活するかもしれないんですね。

【中山氏】
5年、10年…どれぐらいかかるかわかりませんが、同じ木から再びツツジが咲くことを楽しみにしています。


…このような状況は普通現地に行かないとわかりませんが、それを伝えてくれるVoice of FUKUSIMAは貴重な存在ですね。

実際に「富岡町 3.11を語る会」の話を聞いてみたい、ツアーガイドをお願いしたい場合などの連絡先は以下のとおりです。

また、「富岡町 3.11を語る会」主催で、福島の若者が演じる演劇会が東京代々木のオリンピックセンターで2月26日(月)に開かれます。こちらの申し込み・問い合わせも上記までどうぞ。

…こちらに書いた内容はダイジェストですので、詳しくは番組サイトより本編をご視聴ください。

2月1日放送分は、2月2日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。

東京五輪の経費は結局3兆円!?ビッグサイトをメディアセンターに使うと損失2兆円!ずさん極まる実態を本間龍氏が指摘(2018/01/31)

1月31日のニューズオプエド、2本めの特集は「東京オリンピック問題」について著述家の本間龍さんに伺います。


【アシスタント 川島ノリコ】
東京五輪開催費がさらに上昇するという報道があったそうですが、今までと何が違うのでしょうか?

【本間龍氏】
これは小池都知事が先週発表したんですね。その予算表を見てもらいましょう。

【本間氏】
左の列の「大会経費」東京都が6000億円、組織委員会が6000億円、国が1500億円で合計1兆3500億円で収まるだろう、と去年1年間ぐらいは言われてたんですね。ところが「大会関連経費」というのが、東京都の負担で8100億円あるというのが出てきたんです。これを初めて小池都知事が口に出されたんですよ。僕はこれは「小池さんは正直だな」と思ったんですよ。それを足すと、2兆1600億円ということになっちゃいますね。今まで1兆3500億円と言っていたのが、実は2兆円かかることがバレちゃったわけですね。

【上杉隆アンカー】
これで通用するんだからいいよなあ、日本の行政。

【アシスタント 川島】
都民だって納得しないですよね。

【上杉アンカー】
こんなこと企業でやった瞬間に…訴えられるでしょう、これ?

【本間氏】
それから、国の関連経費の部分が未公表なんですよね。これがまたすごいことで、当然国の予算もかなり投入しているわけで、これが公表されると、下手すると3兆円ぐらい行っちゃうんじゃないの?…っていうことなんですよ。ってことは、そう言えば最初に計算した時に「3兆円ぐらいかかる」って言ってたんだから「あれ、なんか近い数字になってきたな」って(笑)。

【上杉アンカー】
言ってましたねえ、「2兆3兆は当たり前」って、森喜朗さんが。正直ですねえ、ホントのこと言ってたんだ。

【本間氏】
ただねえ、「それで本当にいいの?」っていうことなんですよ。とんでもないことになりつつある。

で、予算の問題に加えて、別の問題も発生してるんです。東京ビッグサイトをメディアセンターとして使うことが決まってるんですが、これを来年から20ヶ月間使うので、これによって232の見本市が中止になり、2兆円の売上を失うことになるんですよ。

つまり3兆円近い開催経費の上に、さらに2兆円のマイナスが乗っかってくることになるんです。これはさすがに、いくらなんでもひどいんじゃない?…って言うことなんですよ。

で、この2兆円の売上を失う日展協さんが、去年日経新聞に意見広告を出しました。この問題はずっとやってるんですよ。その結果進展があったのは、2020年のコミケは別の会場でやることになりました。でも、根本的な解決にはなっていない。

この他にも週刊誌にも意見広告が出たのですが、今年の6月までに解決策が出ないともう間に合わなくなるそうなんですよ。そうなった場合は最悪「賠償請求をすることになる」というのです。

【上杉アンカー】
根本的な解決方法はいくらでもありますよ。世界中どこでも、メディアセンターは縮小傾向にあるんです。一つは機材が軽く小さくなり、重厚長大な機材はもういらない。ビッグサイトをメディアセンターに使うとしたら広すぎて余っちゃう。もう一つは配線を組むのに古い建物は逆にじゃまになる。むしろ簡易なものでいいから、LANとかWifiをきちんと付けてくれたほうが余程ありがたいんです。世界中のメディアは「ビッグサイトはいりません。小さくて使い勝手のいいところにしてください」といいますよ。ビッグサイトは今まで通り使えばいい。…これで解決ですよね?


…ということで、またもや「利権・利権」で無駄な経費がバンバン使われ、しわ寄せは税金で…ということになるようです。このあとの有料時間帯は、さらに東京都の「都市ボランティア」の動員が当初1万人だったものが、3万人に増やされるという話も出て来ます。そちらの方は是非番組サイトで本編をご視聴ください。

1月31日放送分は、2月1日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。

今も昔も「赤ちゃんはまだ?」と既婚女性にプレッシャーが掛かる日本社会…不妊治療の現状について阿部長生氏に訊く(2018/01/31)

1月31日のニューズオプエドは、ゲストに株式会社ジネコ 東京本部 営業部長の阿部長生さんをお迎えして、「不妊治療の現状」についてお話を伺います。


【アシスタント 川島ノリコ】
勤務されている「ジネコ」とはどういった会社なのでしょうか?

【阿部長生氏】
女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』というインターネット・コミュニティ・サイトを運営しております。また、こういう不妊治療を扱ったフリーマガジンも出しています。

【上杉隆アンカー】
不妊治療についてはよく耳にしますし、野田聖子総務大臣がずっと受けていたことが知られていますが、ジネコはそれに特化しているのですか?

【阿部氏】
いえ、不妊治療に特化しているのはフリーマガジンの方で、ジネコというサイトはそれだけでなく、妊娠・出産・子育て全般を扱っています。不妊治療が成功して妊娠された方も、そのまま継続してコミュニティサイトを利用していただけます。更にはその人たちが更年期に入っても利用していただけるように「婦人科」全般を扱っていきます。

〜中略〜

【上杉アンカー】
不妊治療というと、日本では「女性に問題がある」という決めつけがありがちですね。

【阿部氏】
実際には不妊治療を受けるカップルの48%に「男性にも原因がある」というデータがあります。

【上杉アンカー】
あれは不思議ですね。なぜそうなるんでしょうね?

【阿部氏】
一つ思うのは、女性に原因がある場合と男性に原因がある場合で、進み方がギクシャクする…女性に原因がある場合は、女性は原因を突き詰めて子供を持とうとするんですけど、男性に原因がある場合は「そこまでして子供欲しくないよ」と思っちゃう場合が多いようですね。

【アシスタント 川島】
まさにその通りの話が深田恭子さん主演の「隣の家族は青く見える」というドラマになっていて、今放送されてます。そういうカップルが増えているのかもしれませんね。ドラマで取り上げられるとなんとなくその話をしやすくなるということはあるかもしれません。…こういうことがドラマになる時代になったんだな、と思いました。

結婚してる友達からも、やはり旦那さんに(不妊の)原因があっても、お姑さんにはそのことを言ってくれないので、「まだなの?赤ちゃんは」とチクチクとくる…なんていう話が多いのは、どの時代も変わらないのかもしれませんね。

【阿部氏】
ジネコの投稿の中でもそういう悩みは多いですし、それに対する賛同のコメントも多いですね。

【アシスタント 川島】
そうなるとこれからの不妊治療って、どんなふうになっていくと思われますか?

【阿部氏】
先程おっしゃったとおり、もう少しオープンに話せるようになっていくべきだろうなと思いますね。そのうえで、女性が年齢を重ねていくことで「卵子の老化」ということは避けられないので、もう少し早い段階から対応できるように…ただ、妊娠適齢期と言われる30歳前後は働き盛りでもあるので、その時期に子供が作れるのか、子供を産んだ後に職場に戻れるのか…という別の問題も絡んでくるので、ただ不妊治療の技術が上がればいいのかというと、私はそういうものでもないと感じていますね。


…このあとは上杉アンカーのニューヨーク・タイムズ時代の経験と比べ、「日本の女性に対する職業差別、子供を生むと職場から排除される現状」がいかに酷いかが語られ、日本は極めて「子を産み、育てる女性」に対して冷たい社会であるということが浮き彫りとなりました。残念ながら、まだまだ日本の少子化は止まりそうもないですね。そちらの方は是非番組サイトで本編をご視聴ください。

1月31日放送分は、2月1日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。

伊達市の除染をめぐる疑惑は深まるばかり。風雲急を告げ、今月行われる伊達市長選!映画監督ヤン・カワモト氏の報告(2018/01/19)

1月19日の後半の特集は、映画監督のヤン・カワモトさんをゲストにお迎えし、12月にご報告いただいた「ガラスバッジで計測した伊達市民6万人の放射線量データを市役所が不正に流用したのではないか?」という疑惑の続報についてお伺いします。


【ヤン・カワモト氏】
まず伊達市がどこにあるかをご説明します。全村避難になった飯舘村、その隣が伊達市です。つまり汚染が激しく全村避難になった飯舘村と境界を接している市だということ。

伊達市は除染に関してスペシャルなことをやっていて、除染にA,B,Cのランク付けをしているのです。Aは線量が高い所。Bはその次に高い所。Cは比較的低い所。それで「Cは除染をやらなくてもいいでしょう」ということになっていたのです。しかし、その隣の福島市は、線量が0.23μSv/h以上ならば全て除染する(国が定めた基準)のです。でも伊達市は独自の基準で、0.23以上であっても除染しないところがあるのです。

伊達市は国から受け取れるはずの除染の予算85億円を辞退しています。それで不審に思って調べると、どうやら「0.23μSv/h以上でも大丈夫だ」という理屈を作ってるらしいのです。それで伊達市の除染の最高責任者である市長の直轄理事の方に話を伺ったりして、少しずつ分かってきたのです。

【アシスタント 川島ノリコ】
その方が嘘をついたということですか?

【カワモト氏】
そうですね。直轄理事の方と僕が会って「なんでそんなことをしてるんですか?」と聞いたら、「それ(0.23μSv/h以上でも大丈夫だということ)を裏付ける論文がある」ということでした。それがこの論文です。

この中に「国が示した安全基準より4倍高くても平気だ」ということが書いてあるのです。

〜中略〜

【カワモト氏】
しかし「この論文には50の間違いがある」という指摘もあるんです。「これは論文としていかがなものか?」という疑惑がある。それで市のほうに聞きに行ったら、「この論文の作成を依頼はしてないけど、『こんなデータがあるけども、論文作成に使えないか?』…という提案はした」というのです。市の職員がそう言えば、それはもう依頼してるのと同じだと思うんですけども。

伊達市の議員に高橋一由さんという方がいて、僕が会ってこの一連の話をしたのですが、高橋議員がそのことを議会で追求したんですよ。

この高橋議員は前回の市長選に出馬しています。そして「Cエリア(線量が比較的低い所)も除染しましょう」ということを公約にしたんです。そしたらかなりいい線まで言ったんだけど、僅差(約3000票差)で落選してしまった。

しかしこれには裏があって、高橋候補がかなり追い上げたので、選挙中に仁志田現市長が「俺も(Cエリアの除染を)やる」と言い出したのです。チラシも配られました。しかし当選したあとは「Cエリアはやらないよ」と前言を翻しました。「除染をやると書いてあった、あのチラシは何なんですか?」と問うと「あれは支援者の誰かがやったんでしょう。自分はやってない」と言うんです。…高橋議員はずっとそのことを追求し続けてるんですよ。で、先の論文との関係も否定したので、議会で今糾明しているわけです。

で、その議会の映像を使わせてくれと言ったら、拒否された。ですので、皆さんこの伊達市議会の映像を見てください。画面に向かってこのQRコードですぐ出ますから。

それで伊達市役所が福島県立医大に論文の作成を「提案」しているのですが、個人情報保護のためのデータの加工を、この東大名誉教授の早野龍五さんにお願いしたんですよ。

これが個人情報の流出になるんじゃないかという話なんです。この早野名誉教授は論文を書いた人でもあるんです。だから結局、個人情報を見ちゃいけない人が見てることになる。これが個人情報保護条例違反の疑惑。

伊達市は「こんな風にしてやったらどうですか?」と提案しただけで、依頼してない、と言っているんですが、早野名誉教授は「正式に依頼されました」とはっきり言っています。


…というわけで、ここから先は有料時間帯になるので、番組サイトより本編をご視聴になってください。ちなみにこの1月21日告示、28日投開票でにまた伊達市の市長選があるのですが、それにこの問題を追求している高橋一由氏が立候補するそうです。もちろんこの問題をきっちり追求し、Cエリアの除染をやることも再び公約に挙げるそうです。これは目が離せない展開になって来ました!

1月19日放送分は、22日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。

補足:昨年12月21日のヤン・カワモト氏出演の回もあわせて目を通していただけると、より理解が深まるかと思います。

ガラスバッジで計測した伊達市民6万人の放射線量データを、市役所が不正に流用?!映画監督ヤン・カワモト氏が追及!(2017/12/21)


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。


2018年よりニューズ・オプエドでは新しく「解説委員制度」がスタートしました。解説委員に就任したのはレギュラー陣の中から大貫康雄さん、薬師寺克行さん、平林壮郎さん、そして上杉隆です。新しくなったニューズ・オプエドをどうぞお楽しみに!

大雪で極寒のニューヨーク…芸術に目覚めた(?)笹野支局長が油絵の創作に挑戦!(2018/01/12)

11月12日のニューズ・オプエドは、ニューヨーク支局長 笹野大輔さんのレポートがありました。

ニューヨークは大寒波に襲われていて、非常事態宣言が出ているそうです。

噴水もこのとおり。

一方、メトロポリタン美術館では、この絵の女の子の下着が見えていることで「子供を性の対象として見ている」と槍玉に上がり、撤去を求める1万人以上の署名が集まったそうです。美術館は「撤去はしない」としていますが、絵の周りには規制線が敷かれています。

芸術を鑑賞するだけでは飽き足らない笹野支局長は、自ら絵を描くイベントに参加して、作品作りに挑戦!このイベントは会場がバーで、参加者同士が和気藹々とお酒を飲みながら描けるというユニークなもの。

お手本を見ながら描き方を教わりますが、自由にアレンジできるので、出来上がる作品は個性的になります。

こちらが笹野支局長の作品。ゲストの吉田照美画伯にも「お、いいじゃん!」とお褒めの言葉を賜りました!

…ここに書いた内容はダイジェストですので、是非番組の本編を番組サイトから御覧ください。

1月12日放送分は、15日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。


2018年よりニューズ・オプエドでは新しく「解説委員制度」がスタートしました。解説委員に就任したのはレギュラー陣の中から大貫康雄さん、薬師寺克行さん、平林壮郎さん、そして上杉隆です。新しくなったニューズ・オプエドをどうぞお楽しみに!