作成者別アーカイブ: admin

80%が「東京五輪のボランティアに参加したい」と言っていた大学生が、本間氏の講義を聞いたあとは0%に…著述家 本間龍氏が五輪ボランティアの容赦ない実態を暴露!(2018/04/24)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.060

80%が「東京五輪のボランティアに参加した
い」と言っていた大学生が、本間氏の講義を
聞いたあとは0%に…著述家 本間龍氏が五輪
ボランティアの容赦ない実態を暴露!

2018/04/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲストは著述家本間龍(ほんま・りゅう)さん。東京オリンピックのタダボランティア問題についてお聞きします。レギュラー陣は手塚マキアンカー、義山望アシスタント、上杉隆解説委員です。

———————————-

【義山望アシスタント】
ここから本間さんに、タダボランティアついてお伺いします。先週、ある大学の法学部1年生に東京五輪ボランティアついて講義したそうですね?どのような内容だったんでしょうか?

【本間龍氏】
毎年呼んでいただいて90分一コマ講義をやってたんですが、今年は五輪ボランティアの話をまとめてみました。講義の1週間前にアンケートを取ったんですが…

・東京五輪に興味がある     21人 100%
・五輪ボランティアに参加したい 16人 80%

僕が想像していたよりもボランティア希望者の割合が高かった(80%)ですね。

このアンケートを取ったあとに五輪ボランティアの内情を説明して、その後に皆さんがどう思ったかをもう一回聞いてみようという流れだったんです。

講義の内容は、まずボランティアの活動分野ですが、一番多く人手が必要なのが、「案内」というやつ。会場内外で観光客に「並んでください」とかっていう、あれですよ。あとチケットのもぎりとか、セキュリティチェックとか。これに大体2万5千人ぐらい必要だと言うんです。これがまず大変なんですよ。真夏の酷暑の中、ほぼ外で活動するわけですから。でも、学生たちはこれに回されるとは思ってないんですよね。

応募条件は1日8時間程度で、10日以上できる人。オリパラ両方を希望する場合は20日以上。これは相当時間に余裕があって、お金もある人じゃないと参加できないですよね。…こんな内容を講義で説明しました。

その次に「組織委員会は凄く金を集めていて、高給取りである」ということを説明しました。推定ですが、協賛金の合計は4170億円ほどになります。だからお金はあるんです。

では、なぜオリンピックの運営は無償ボランティアでやるのか?招致委員会が提出した立候補ファイルでのスポンサー見込み金額は920億円。それが4000億円以上集まってるんだから、ウハウハでチケットはただで配ってもいいぐらいお金は集まってるんです。しかし、電通、JOCの利益の独占をほとんどのメディアが報じません。自分たちのサイフについては一切公表しない。

———————————-

当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

いやあ、相変わらず本間さんの話はわかりやすくて明快ですね。東京五輪のタダボラの実態は一向に改善の見込みがないようです。少しでもオリンピックの実態が正確に多くの人に伝わってほしいものだと思います。

大リーグ評論家の福島良一さんをお迎えし、玉木正之アンカーとともに大リーグ観戦の思い出話で盛り上がる!(2018/04/23)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.059

大リーグ評論家の福島良一さんをお迎えし、
玉木正之アンカーとともに大リーグ観戦の
思い出話で盛り上がる!

2018/04/23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月曜日は玉木正之スポーツ編集長・主筆によるスポーツ特集!ゲストに大リーグ評論家の福島良一さんをお迎えし、長年の大リーグ観戦の様々エピソードを語っていただきました。ここではその中から3つをピックアップしてご紹介します。

———————————-

《球場のオルガン奏者》

【福島良一氏】
ロサンジェルスのドジャー・スタジアムで有名なオルガニスト、ヘレン・デルさんが出していたシングル盤のレコードがあるんですよ。表はTake Me out to the Ballgame、1908年にできた球場の定番曲ですね。もう片方はIt’s a beautiful day for a Ballgameという今でも受け継がれているワクワクする曲なんです。

もっと感動したのがホワイトソックスの専属オルガン奏者、ナンシー・フォーストのこのレコード。つい最近まで現役だったのですが、当時メジャーリーグ最高のオルガン奏者と言われて、野球だけじゃなく、バスケ、アイスホッケー、サッカーと一人で4つの競技をこなしていました。

ホワイトソックスの専属としては40年ぐらいやっていたのでしょうか。休んだのは5試合だけ。お子さんを出産した時。日本のオルガン奏者を連れて行った会わせたことがあるのですが、みんな感激していました。

各選手が打席に入る時の入場曲、あれを始めたのもこのナンシー・フォーストと言われてるんですよ。

———————————-

当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

福島さん、玉木アンカーお二人ともメジャーリーグの話をしていたら楽しくて仕方ない、いつまででも語っていたいという感じでしたね。他にもたくさんの話をしてくださっていますので、番組アーカイブの方でお楽しみください。また、話題に登っているヘレン・デル、ナンシー・フォーストのオルガン演奏がYoutubeに掲載されていたので、下記【関連リンク】コーナーに張っておきました。

ベンツS560が炎上事故!実況見分ではドライバーのミスとされるも、本当にそうなのか?そして昨年度日本で一番売れたクルマは?ニューモデルマガジンX編集長 神領貢氏に訊く(2018/04/20)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.058

ベンツS560が炎上事故!実況見分ではドライ
バーのミスとされるも、本当にそうなのか?
そして昨年度日本で一番売れたクルマは?
ニューモデルマガジンX編集長 神領貢氏に訊く

2018/04/20

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲストは、ニューモデルマガジンX編集長の神領貢(しんりょう・みつぐ)さん、支持政党なし代表の佐野秀光(さの・ひでみつ)さんです。「ベンツS560炎上問題」と「今日本で売れてるクルマ」についてお話を伺います。レギュラー出演者は乃木涼介アンカー、川島ノリコアシスタント、上杉隆解説委員です。

———————————-

【川島ノリコアシスタント】
ベンツS560炎上問題についてお伺いします。先日、ベンツS560が炎上する事故がありました。そちらの実況見分に神領さんが立ち会ったそうですね。

【神領貢氏】
はい、実況見分が17日火曜日に新木場の某所で行われました。

【川島アシスタント】
私は国産車しか乗ったことがないんですけど、ベンツって凄くガッチリしているというか、頑丈なイメージがあるんですけど、あそこまで炎上(ほぼ全焼)するというのは、何が原因なんでしょう?

【神領氏】
ガソリンに火がついているのであそこまで燃えるんですけど…このクルマは大体2000万円ぐらいします。このクルマが炎上して、全く原型を留めない姿になってしまいました。ドライバーさんは火がまだ小さいうちにクルマを出たので無事だったのですが、その後にガソリンに火がついて炎上しました。

消防の原因の分析をお話しますと、左の前タイヤの空気圧が下がり、その状態で高速走行を続けた結果、タイヤが遠心力でブヨブヨになってバーストしまして、タイヤの回転を止めてしまった。で、回転していないホイールが道路に接触した状態でかなりの距離を走ってしまって、真っ赤になるほど熱を持って、おそらくブレーキ系のオイルに引火して煙が出た。そこで運転手さんは車を止めて車外に避難した…と。

実はこのクルマはまだ新しくて、2月登録のほぼ新車です。走行距離は3000キロ程度。販売したのはヤナセなんですけど、新車で納車してから一回も入庫はしていないんです。タイヤを変えたりもしていない…なのになぜそんなことになったのか、原因は謎なんです。

【川島アシスタント】
これは今回リコール対象になるような事故なんですか?

※「ベンツ炎上問題」に関しては、当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

———————————-

【川島アシスタント】
ここからは日本で売れたクルマについて伺っていきます。まずはこのランキングをご覧ください。昨年の4月から今年の3月の間で、日本で売れたクルマのランキングなんですね。

1.トヨタ プリウス
2.日産 ノート
3.トヨタ アクア
4.トヨタ C-HR
5.ホンダ フィット
6.ホンダ フリード
7.トヨタ ヴォクシー
8.トヨタ シエンタ
9.トヨタ ヴィッツ
10.日産 セレナ

【川島アシスタント】
やっぱり人気なんですね、プリウス。これが今年の3月のランキングになると、日産のノートが一位になるんです。

1.日産 ノート
2.トヨタ プリウス
3.日産 セレナ
4.トヨタ アクア
5.ホンダ フィット
6.トヨタ ヴォクシー
7.トヨタ シエンタ
8.ホンダ フリード
9.トヨタ C-HR
10.トヨタ ヴィッツ

【神領氏】
ノートは今年1月~3月までずっと1位ですね。

———————————-

※「今日本で売れてるクルマ」について、当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ベンツが炎上…原因がはっきりしないのが気になりますね。ドイツ車はハイテクで安全性が高いイメージがありますが、こういう時は徹底的に原因究明してほしいものです。それから売れてるクルマのトップ3が、もうハイブリッド車が占めてるんですね。今はガソリン車から電気に移行する途上だと思いますが、あとはバッテリーのコストの問題が解決すれば、一気に電気自動車が主流の時代になるかもしれませんね。

今安倍昭恵夫人と連絡を取れる唯一の政治家、NHKから国民を守る党代表の立花孝志氏が語る森友学園問題。なぜ野党は事件の最大のキーマン、酒井康生弁護士を追求しないのか?(2018/04/19)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.057

今安倍昭恵夫人と連絡を取れる唯一の政治家、
NHKから国民を守る党代表の立花孝志氏が語る
森友学園問題。なぜ野党は事件の最大のキーマ
ン、酒井康生弁護士を追求しないのか?

2018/04/19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ゲストはNHKから国民を守る党代表の立花孝志(たちばな・たかし)さん。独自取材で森友学園問題を追求しており、今安倍昭恵夫人と直接連絡を取って森友問題について情報交換できる、おそらく日本で唯一の人物が立花さんです。ここまでの立花さんの取材と推理による森友学園問題の全体像を語っていただきました。レギュラー陣は真白リョウアンカー、佐藤由季アシスタント、大貫康雄解説委員です。

———————————-

【佐藤由季アシスタント】
立花さんは森友学園問題について、昭恵総理夫人や籠池さん長男に取材をしておられますが、まずはこの森友学園問題どういったことが問題なんでしょうか。

【立花孝志氏】
9億5千万の土地が1億3千万…8億円以上安く売られてしまった…我々の国有財産が不当に安く売られたことが一番大きな問題。おそらくそれを隠すために公文書を書き換えたということが二つ目の問題。大きくこの二つに分けることが出来るんではないかと思います。

【佐藤由季アシスタント】
結局問題の中心というのは誰になるんでしょう…?

【立花氏】
問題の中心…誰が主犯かと言うのは、ここまで取材してても僕もまだわからないんです。ただ、確実に酒井康生さんという弁護士(元森友学園の顧問弁護士)、この人が全ての鍵を握ってるんですね。この人が財務省や、国土交通省、もちろん籠池さんご本人、業者、大阪府の私学課…すべての関係者と連絡を取っているということは間違いないことなんです。

去年の5月に籠池さんが息子さんと二人で私のところにこられて、昭恵夫人から連絡があったのは今年の3月18日、両方から最初にオファーがあった時は普通にびっくりしましたが…どうもやはりこの酒井弁護士に聞いてみないとわからないということは間違いないんですね。

例えば財務省側が不当に「安くしろ」とやったんだとすると、安倍総理の関与が強く疑われますし、業者が8億儲けようとしたんだとすれば、業者や地元の政治家レベル…大阪の摂津市のね、元維新の大阪府議、安倍賞久氏に疑いが持たれる…。

最初に学校を作りたかったのは間違いなく維新の政治家なんですよ。そういった意味では維新が主導したのかも知れないんですが、僕が籠池さんご本人から聞いているのは「業者がゴミを捏造した」ということなんです。業者側が「ゴミがあった」と嘘をついたと。籠池さんが言ったことが本当だとすると、業者がスタートなんですよね。

今の報道で言われてる「トラックでゴミを運んだことにしてください」と言ってるのは財務省の方なんですけど、でもいきなりそんなこと言われてもやらないじゃないですか。その前に共犯関係があったのかどうかは、やっぱり酒井康生弁護士に聞かないとわからない…。

———————————-

※当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

立花さんの森友問題の解説は、取材で裏を取ってる部分と推理の部分が入り混じってますが、たった一人で森友問題をここまで掘り下げてる人は、立花さんと菅野完さんぐらいしかいないんじゃないでしょうか?

もちろんそれでも立花さん一人で事件の全容解明は難しいかもしれません。しかし風穴を開けるぐらいのことはやってくれるかもしれない…今後も注目していきたいところです。

《ヴォイス・オブ・フクシマ》震災時の藤沼湖の決壊によって7人の命が失われた現場から中継…この悲劇を繰り返さぬよう、どうすればいいのか?(2018/04/19)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.056

《ヴォイス・オブ・フクシマ》
震災時の藤沼湖の決壊によって7人の命が
失われた現場から中継…この悲劇を繰り
返さぬよう、どうすればいいのか?

2018/04/19

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

この日はヴォイス・オブ・フクシマの中継がありました。おなじみのラジオパーソナリティ、久保田彩乃さんのリポートです。後半で大貫康雄解説委員のコメントもあります。

———————————-

【久保田彩乃氏】
今日は須賀川市の長沼地区というところに来ています。ご覧のとおり、非常に静かな田舎町です。今日はとても暖かい一日で、このあたりももうそろそろ桜の時期は終わりです。

そんな須賀川市長沼地区のこの場所は、震災の後に出来た防災緑地公園です。ここは震災の前は住宅があった場所なんです。今は何もない緑地公園になっています。公園のすぐ横を小さな川が流れているのですが、西の方に流れていくと阿武隈川に行き着きます。

この川の東側5kmほど上流の山には藤沼湖という、灌漑用のダムが今でもあります。震災の時はここは「もう一つの津波の場所」と言われまして、藤沼湖が震災によって決壊して、濁流が津波のように流れてきました。それによって7人の方が亡くなり、現在でも1歳半の男の子が行方不明のままの状態です。

———————————-

※当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

復興と放射能汚染に対する注意喚起は、ある意味正反対のベクトルを持っていますので、本当に難しい問題です。何十年も福島の方々にその十字架を背負わせることになってしまうのが現実でしょう。それだけに、どんなことがあっても原発事故は二度と起こしてはいけませんね…。

台湾の現代政治について、そして日本の70〜90年代の政界について…現代日本の政界にもつながる話をジャーナリスト小枝義人氏、藤本順一氏に伺う(2018/04/18)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.055

台湾の現代政治について、そして日本の70〜
90年代の政界について…現代日本の政界にも
つながる話をジャーナリスト小枝義人氏、
藤本順一氏に伺う

2018/04/18

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回はゲストにジャーナリストの小枝義人さんとジャーナリストの藤本順一さんをお迎えし、小枝さんが30年以上取材を続けている台湾の政治について、それから日本の70〜90年代の政界についての話をお伺いしました。レギュラー出演者は乃木涼介アンカー、義山望アシスタント、上杉隆解説委員です。

(当ブログ記事では特集後半部分の一部をご紹介します。)

———————————-

【義山アシスタント】
ここからは70年代から90年代の政治についてお聞きしていこうと思います。

【小枝氏】
僕は最初は洋楽番組を作りたいと思ってラジオ関東(現ラジオ日本)に入ったんですけど、でも「お前は報道」って言われて…結局一番多い仕事は政治関係なんですよ。大平(総理)さんにくっついて、伊勢神宮に行ってこいとか、デンスケ持っていって…。自分の親父よりもちょっと年上ぐらいの政治家たちが、実にエネルギッシュに動くんですよ。そのオッサンたちが凄く魅力的だった…人間的に。

中川一郎なんて人は、僕がデンスケ(当時のポータブル録音機の俗称)持って取材に行って、中川さんが突然でてきたもんだから後ろからワッと押されて、中川一郎さんの胸に激突したことがあったんですよ。「怒鳴られるかな?」と思ったら、肩を叩かれて「大丈夫ですか?」って言われて…もう感激して「この人大好きだ!」って簡単に思いました(笑)。

要するに、僕はジャーナリストに向いてない。それで中川さんが好きになっちゃったんで、亡くなった時はとても悲しかった…。

さっき藤本さんが「安倍さんも麻生さんもいい人で、義理人情が有るよ」と言ってたけど、まさにその義理人情の部分で凄く動くし、あとは派閥ですね。当時(1980年前後)は政権交代の可能性なんて一切ないわけですから。自民党政権しかありえないんですよ。で、どこの派閥がどんな動きをしてるかってことで、担当記者がベタっと張り付くわけですよ。するとほとんどの記者は担当した人のシンパになるし、担当した政治家が出世すれば、その人も会社の中で出世するって言うシステムだったんですよ。

【上杉解説委員】
そう、だから担当政治家のスキャンダルなんか書くわけないんですよ。自分の出世もなくなるんだから。

※当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「担当政治家が出世すると、記者も出世する…だからスキャンダルなんか書くわけないんですよ」という言葉は象徴的ですね。何十年も前から続いている記者クラブ制度の弊害を端的に表している言葉です。その弊害が現在では限界に達するほど膨れ上がってしまっているということですね…。

この3月に朝日新聞が「森友決済文書改ざん疑惑」を報じて以来、森友問題が再燃しましたが、この朝日新聞のスクープにしても報じたのは社会部で、同じ朝日新聞の政治部は権力との癒着が有るから、このスクープを止めようとしたそうです。朝日新聞社内でもそうしたせめぎあいがあったんですね。官房長官会見で菅官房長官にいつも鋭い質問をしている東京新聞の望月記者も社会部。同じ記者会見にいながら、他の政治部記者は望月記者のあとに続こうとしない…むしろ「こいつ目障りだな」と排除しようとするのは、そういう背景があるんですね。

子供の連れ去りに見る日本の人権問題…日本は批准しているはずの「子どもの権利条約」すらろくに守られていない「人権後進国」だった!法律があってもろくに適用されない日本の「拉致司法」の現実。

今回よりニューズ・オプエドの特集の内容を文字起こしして毎日配信しているメルマガ「読むオプエド」の内容の一部をご紹介する記事をアップしていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.054

子供の連れ去りに見る日本の人権問題…日本は
批准しているはずの「子どもの権利条約」すら
ろくに守られていない「人権後進国」だった!
法律があってもろくに適用されない日本の
「拉致司法」の現実。

2018/04/17

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回のゲストは、子供連れ去り問題被害者のトッマーソさん、Twitterアカウント「ジャパンチャイルドアブダクション」担当者のピエル・ルイージさん、合同会社小島事務所代表の小島太郎(こじま たろう)さんをお迎えし、「子どもの連れ去り問題」についてお話を伺いました。レギュラー出演者は山口一臣アンカーと、佐藤由季アシスタントです。

———————————-

【佐藤由季アシスタント】
子どもの連れ去り問題についてお聞きしていきますが、小島さんには昨年9月にも子供の連れ去り問題に関してご出演いただきましたが反響はどうでしたか?

【小島太郎氏】
放送終わってすぐいろんな子供の連れ去りで苦しんでる人たちから、泣きながら感謝の電話がかかってくる状態でした。特に上杉さんがおっしゃった「被害者がいるのにこの国では見えないんだ」という言葉が、存在を無視されていた被害者の皆さんに響いたみたいで、とても意義のある放送だったと思います。

【佐藤アシスタント】
先月に駐日イタリア大使館などからEU26か国の連名にて「未成年者の略取」という見出しで、上川法務大臣宛てに書簡が提出されたそうですが、なぜ外務大臣宛ではないのでしょうか?

【小島氏】
通常ハーグ条約の場合は中央官庁は外務省なんですが、今回はハーグ条約、国境をまたぐ子供の連れ去り案件ではなくて、日本国内で横行している未成年者略取対してノーが突きつけられたのです。これは裁判所、司法に問題があるんじゃないかということで、法務大臣に…これは極めて異例のことなんです、外交上。

【山口一臣アンカー】
今日はじめてこの問題に触れる方もたくさんいらっしゃいますので、そもそも子供の連れ去り問題とは何なのか、というところをお話くださいますか。

【小島氏】
日本国内では親権者同士であっても、先に子供を連れ去ってしまうと、離婚後の訴訟で有利になるんです。なので離婚弁護士たちがまず連れ去ることを教唆するんですね。例えば奥さんが不満があって離婚を考えている場合、まず子供を連れ去ることを勧められてしまう。これは海外では誘拐になるんですけど、日本では逆に優遇されるんです。連れ戻した場合は刑務所に入れられます。

前回の放送の後も、こういうことを弁護士や日弁連が堂々とやっている、裁判官たちは見透かされていると放送したら抑止効果になるかと思ったら、その後どんどん弁護士事務所がその手口をマニュアル化して新聞であったり、女性誌であるとか、男性誌でも「日本の裁判所は今こういうふうになってる」と掲載して、逆に増えてしまっています。

※当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

これは恐ろしい現実ですね。日本では子供の人権が半ば無視されて、批准されているはずの「児童の権利条約」が事実上無効になっているというのも驚きですが、DVシェルターの業者などが、自分たちの商売(拉致利権)のために、こういう問題が日本に存在していることを報道させないようにマスコミに働きかけているというのは、背筋が寒くなる思いがします。よく言われる「人質司法」の問題もそうですが、知れば知るほど日本は「人権後進国」だと思い知らされますね…。

NOBORDER公式ブログで掲載してきた「ニューズオプエド」のダイジェストは、メルマガに移行します!

突然ですが、当ブログに掲載してきた「ニューズオプエド」のダイジェストは、3月よりメルマガに移行することになりました。メルマガのタイトルは、

【読むオプエド】

…と言います。3月1日より配信されます。新メルマガを購読するには、以下のサイトにアクセスしてください。

「読むオプエド」まぐまぐ登録ページ

中央の「登録する」ボタンを押せば、登録手続きが始まりますので、それに従ってください。また、この登録ページでメルマガのサンプルも読めます。まぐまぐにまだ会員登録してない方は、その手続きも必要です。

  • 価格:1,080円/月(税込)
  • 発行周期:毎週 火・水・木・金・土曜日(祝祭日の翌日、年末年始を除く)
  • 2018年3月1日創刊
  • 形式:PC・携帯向け/テキスト・HTML形式

…以上、有料にはなってしまいますが、番組でお伝えしきれなかった補足情報などもお伝えしてしていく予定で、より充実した内容を目指しておりますので、是非ご購読くださいm(_ _)m

初月は無料ですので、お試しで気軽にご登録いただけます!

新メルマガ限定で、上杉隆にNOBORDERの若きホープ、乾真規記者が迫る「スペシャル・インタビュー企画」も準備中です!いつも一緒に仕事をしている愛弟子でなければ聞き出せないレア情報にぜひご期待ください!近日公開予定!!

筋肉を整えることで体調を改善する「コンディショニング」とは?株式会社ハースコーポレーション 有吉勝昭氏に訊く(2018/02/27)

3月27日のニューズオプエドのゲストは、株式会社ハースコーポレーション代表取締役の有吉勝昭さんです。ハースコーポレーションで指導している「コンディショニング」という、運動で筋肉を整えることによって体調改善する手法についてお話を伺いました。解説委員は上杉隆、アンカーは乃木涼介さんです。


【アシスタント 佐藤由季】
株式会社ハースコーポレーションではどういう事業をしているのでしょうか?

【有吉勝昭氏】
ハースコーポレーションでは「コンディショニング」を追求しています。日本人で日常的に運動をしている人というのは3%しかいなくて、97%はほとんどやっていないそうです。しかも主にアメリカから入ってきたフィットネスは、我々日本人に向いているとは限らず、逆に体を壊してしまう場合もあります。この97%の人たちを対象に、日本人に最適な体調改善になる運動を指導する。これが私たちがずっとやってきたコンディョニングの考え方です。

〜中略〜

【有吉氏】
「寝返りの原理」というのがありまして、小さいお子さんは寝ている間にドッタンバッタン動きますが、あれは体を整えているんです。脳は休んでいるんですけれども、無意識に体を動かしながら体を整えている…これを意識的にやるのがコンディショニングということになります。

〜中略〜

【有吉氏】
私どもの店に来るお客様は基本的に「運動しない97%の方々」。なおかつ、ほぼ体を改善したい、体調が悪い方々がいらっしゃいます。だいたい1回1時間、それを週に1回〜10日に1回、月に3〜4回ですね。それを徐々に減らしていただきながら、最後はやめていただく。これが「運動しない97%の方々」にとっては重要なことだと僕は思ってるんです。お店は十三年ほど前にできたんですが、その時からこれはそうで、「卒業」というものがございます。


…面白いですね。ストレッチでも、筋トレでも、フィットネスでもない、筋肉を整えることで体調を改善するコンディョニング。大汗かいて筋肉痛が残るようなトレーニングではなく、時期が来れば「卒業」で、あとは自分でやってください…ということなんですね。運動不足を感じているんだけど、きついトレーニングはちょっと…という方は俄然興味が湧いてきたのではないでしょうか?番組では簡単な実技も含め、まだまだ詳しい話を伺っていますので、是非番組サイトで本編をご視聴ください。

2月27日配信分は、28日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、次回は3月3日土曜の配信です。ゲストは合同会社アイキュベータ 代表社員の松田雄馬さん。先日オプエドにもご出演いただきAIに関する様々な興味深いお話を伺いましたが、さらにディープな話題が聞けそうですね。どうぞお楽しみに!

「ザ・リテラシー」の番組制作は、クラウドファンディングによって行われています。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。

日本のプロゴルフ界は30年遅れてる…プロゴルファー タケ小山氏が様々な問題点を指摘!(2018/02/26)

2月26日のニューズオプエドは、プロゴルファーのタケ小山さんをアンカーにお迎えして、「タケ小山のザ・スポーツ」をお送りしました!特集としてお聞きしたのは、「日本女子プロゴルフ協会のプロテスト受験年齢変更」について、そして「マスターズにみる、プロゴルフ本来の姿」です。


【タケ小山氏】
前半は日本女子プロゴルフ協会のプロテスト受験年齢が、19年度から変更になりますよ、という話。変更点は現行では18歳以上でないとプロテストを受けられなかったのが、17歳に引き下げ。高校生の時にプロテストを受けて、高校卒業時にはプロとして活躍できる。いいでしょ?

【アシスタント 川島ノリコ】
なんか、怪しいですよね…(笑)。

【タケ小山氏】
…怪しいですね。表の下の方にQT受験資格というのがありますが、QTと言うのはクオリファイリング・トーナメントの略。つまり予選会です。来年度の出場順位を決めるものです。これが変更前(現行)は「18歳以上LPGT非会員でも受験できる」となっています。これが変更後は「17歳以上LPGA会員のみ」になっています。…あれ?どうもよくわかりませんね。

プロテストとQTは別のものなのか?今まではプロテストに合格していなくても、QTで50位以内ぐらいに入れば、試合には出場できていた。ところがこれを「プロテストに合格した者だけがQTに出れる」ということに変えたのです。では、どのぐらいの人がプロテストに合格するのかというと…。

【タケ小山氏】
可愛いですねえ。これは去年のLPGAのプロテストに合格した人数。トータル24名。20位タイの者までが合格するんです。つまり、この20位タイまでの二十数名しかQTに行けなくなっちゃったってことです。これまでは2〜300人でQTをやってふるいをかけていたものが、プロテストに合格した20人ほどしか行けなくなちゃったんです。

これはひとつは、QTばっかりになっちゃうと「プロの資格なんていらないじゃん」と思う人が増えちゃったことがあります。海外勢はみなQTの方に来ちゃうんですよ。でも昔からこれ(プロテストに合格しないと試合に出れない)をやっていたのならともかく、今までQTでオープンにやっていたのに、「これからはプロテストに通らないとダメですよ」という20年前の日本に戻っちゃうという…「この協会の姿勢って何なんですか?」ということなんですよ。…こんなにしゃべっちゃっていいんですかね?


…ということが概略なんですが、タケ小山さんによると「日本のゴルフ界は30年は遅れてる」とのことでした。番組では更に詳しく掘り下げた話をされていますので、是非番組サイトでご視聴ください。

さて、もう一つの話題は「マスターズにみる、プロゴルフ本来の姿」。


【タケ小山氏】
USPGAツアーは47試合あります。賞金総額が約400億円。その47試合のうちPGAの管轄外があります。それが4大メジャーであるマスターズ、USオープン、ジ・オープン、PGAチャンピオンシップ。

このうち4月に行われるマスターズは、1934年に始まってます。マスターズはオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブでメンバーたちがお金を出し合って選手を呼んで始まりました。

オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブ 12番ホール

【タケ小山氏】
ところが呼びたい選手が増えてきて、それだけでは賄えなくなった。そこで「ギャラリーの入場料が賞金になる」というビジネスモデルを作ったんです。

2015年のマスターズの総売上が約115億円。チケットの売上によって賞金が変わります。すなわち、スポンサーがいらない。4万人いるギャラリーのうち、一人が来なくても影響はないんです。だけど日本のトーナメントのように1社スポンサーで開催していると、その会社が倒れたらその試合はなくなってしまう。

このマスターズのやり方がスポーツ・ビジネスのベースになっているんです。ギャラリーからの収益が自分たちを支えているんだということになる。それがいちばん大事なんです。日本のプロゴルフ協会はそれをやらずに、ギャラリーをないがしろにしている。それではダメなんです。


…なるほど。日本のゴルフ界は世界の常識と比べて随分と遅れた部分が多々あるのですね。ジャーナリズムの世界と似ているのかも…?

このあとは有料時間帯に入りますが、大幅に時間を延長してタケ小山さんが視聴者からの様々な質問に答えてくれています。そちらの方も是非番組サイトから本編をご視聴ください。

2月26日配信分は、27日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、次回は3月3日土曜の配信です。ゲストは合同会社アイキュベータ 代表社員の松田雄馬さん。先日オプエドにもご出演いただきAIに関する様々な興味深いお話を伺いましたが、さらにディープな話題が聞けそうですね。どうぞお楽しみに!

「ザ・リテラシー」の番組制作は、クラウドファンディングによって行われています。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。