作成者別アーカイブ: admin

【記者会見のお知らせ】12月1日(金)14:30~15:30 『トランプ来日時の官邸による不当な取材妨害について』@FCCJ

12月1日(金)14:30~15:30  『トランプ来日時の官邸による不当な取材妨害について』

FCCJ (日本外国特派員協会)にて上杉隆が記者会見をします。

Friday, December 01, 2017, 14:30 – 15:30

Takashi Uesugi, Founder of NO BORDER & Producer of News OPED

Language: The speech and Q & A will be in Japanese with English interpretation.

If you wonder why Japan ranked 72nd on this year’s Reporters Without Borders press freedom list behind countries like Mongolia, Lesotho, Serbia and Malawi, the Club has decided to invite Takashi Uesugi to share his recent experience.

Uesugi, who co-founded the Free Press Association in Japan (FPAJ), was kicked off the golf course where U.S. President Donald Trump and Japanese Prime Minister Shinzo Abe were playing golf. This is just the last episode of his controversial career as a journalist on the razors’ edge.

Born in 1968, a symbolic year for dissent in modern Japanese history, Uesugi has been a constant thorn in Japan’s “closed shop” media world, regularly challenging the Kisha Club system and breaking rules when he feels there is a need.

Although Uesugi has been both criticized and lauded by his fellow journalists, one thing cannot be denied: He’s not afraid to challenge authority to gain access to a story, even a big story like the Trump-Abe golf fest.

In his career, Uesugi has worked as an aide to politicians like Kunio Hatoyama and Morihiro Hosokawa. In 2016, he ran for Tokyo Governor and got nearly 3% of the vote, finishing fourth.

In 2011, he was one of the early critics of Tokyo Electric Power Company for its handling of the Fukushima nuclear accidents. He subsequently started his own blog and then co-founded the Free Press Association in Japan.

Several years earlier, he published a book titled “The Collapse of Journalism”, a grim analysis of where our industry stood then, nearly a decade before the attacks on the press by the Abe administration in Japan and the Trump administration in the U.S.

Please reserve in advance, 3211-3161 or on the website (still & TV cameras inclusive). Reservations and cancellations are not complete without confirmation.

Professional Activities Committee

You must login to confirm your attendance.

◆FCCJ web site : http://www.fccj.or.jp/events-calendar/calendar/icalrepeat.detail/2017/12/01/4856/-/press-conference-takashi-uesugi-founder-of-no-border-producer-of-news-oped.html

 

【お知らせ】システムメンテナンス終了

平素はオプエドサービスをご利用いただきまして誠にありがとうございます。

18日から19日にかけて実施しておりましたシステムメンテナンスは予定通り終了しましたのでお知らせいたします。
同時にサーバの移行も行っています。

ご理解、ご協力をいただきましてありがとうございました。

【ご注意事項】
サイトにアクセスした際には旧サイトが表示される可能性がありますので何度かリロードをしてください。
旧サイトの確認方法
「新規登録」ボタンを押して
・遷移する→新サーバ
・遷移しない→旧サーバ
また、「ログイン状態を維持する」にチェックをされている方はサイトアクセスの際に一旦、ログアウトを行い再度、ログインをしてください。
お手数をおかけ致しますがどうぞ宜しくお願い致します。

 平成29年11月19日

 ㈱NOBORDER

10/14発売!『淳と隆のなんだかおかしいニュースの裏側』(双葉社)

CRLfqadUsAATR5W

情報があふれかえるこの時代に、多様性と言論の自由をテーマにさまざまな注目ニュースを読み解く異色の番組『淳と隆の週刊リテラシー』(TOKYO MX)。同番組でもタッグを組むロンドンブーツ1号2号の田村淳さんと上杉アンカーが、現代ニッポンが抱える問題に鋭く斬り込みます。
本書で扱うテーマは憲法改正、集団的自衛権、アベノミクス、ネトウヨ、ブラック企業、既存メディアとネットメディアなど。

ぜひ、お近くの書店やインターネットショップなどでお求めください!

上杉アンカーが「チームスマイル・東北PIT 応援団」に!

ぴあ(株)代表取締役社長の矢内 廣さんが代表理事を務める一般社団法人「チームスマイル」をご存知ですか?

HPによると、「チームスマイル」の活動「チームスマイル」の活動は、被災地におけるエンタテインメントを通しての「こころの復興」と、支援活動の「継続性」を確保することが目的。東日本大震災による被災地の復興支援のため、ライブエンタテインメントを通じたさまざまな活動を行い、これによって得られた収益は、東北地区の『PIT』の開設、運営、そしてエンタテインメントを通じた復興活動の活動に、その全額が適用されるそうです。

このたび、上杉アンカーは「チームスマイル」の活動ならびに「東北PIT応援団」の趣旨に賛同し、「チームスマイル・東北PIT 応援団」の一員となりました!
同応援団には、「ニューズ・オプエド」にもご出演いただいた元マラソン選手の有森裕子さんをはじめ、井沢元彦さん、石毛宏典さんほか、俳優の石田純一さんやミュージシャンの布袋寅泰さんなどなど、多くの著名人の方々が賛同されています。

ぜひみなさんも、一般社団法人「チームスマイル」の活動にご注目ください!

一般社団法人「チームスマイル」
http://www.team-smile.org/

【急募】上杉隆のアシスタントを募集しています

年齢や性別は問いません。
我こそはと思う方は、ぜひご応募ください。

◼︎募集業務内容:上杉隆のアシスタント、総務関連業務など
◼︎勤務体系  :月〜金曜日までの週5日間
◼︎給与    :20万円〜(交通費支給)

【応募先】
(株)NO BORDER 採用係
op-ed@no-border.co.jp

【9/28(月)発売の新著!】上杉隆『悪いのは誰だ! 新国立競技場』 (扶桑社新書)

20150928新著画像

いよいよ9月28日(月)、上杉隆の新著『悪いのは誰だ! 新国立競技場』(扶桑社新書)が発売されます!
ぜひ、お近くの書店や楽天ブックスなどでお求めください

『悪いのは誰だ! 新国立競技場』(扶桑社新書)
文科省による[部外秘]資料を独自に入手!
「新国立競技場問題」に絡む“利権”と、それに群がる人たち。
誰が“悪玉”なのかを、気鋭のジャーナリスト・上杉隆があぶりだす!!

7月17日、安倍首相の表明で白紙撤回となった新国立競技場の建設案。4月以降、建設費の乱高下、デザイン案の変更、日本スポーツ振興センター(JSC)の移転問題など、さまざまな問題がなぜこのような事態になったのか? 今回の7月17日、安倍首相の表明で白紙撤回となった新国立競技場の建設案。4月以降、建設費の乱高下、デザイン案の変更、JSCの移転問題など、さまざまな問題がなぜこのような事態になったのか? 今回の顛末をよく知るキーパーソン8人の証言(鈴木寛元文部科学副大臣からのコメントも)と上杉が独自に入手した内部資料をもとに、その全貌を暴いていきます!

証言者/團紀彦氏(建築家)、松沢成文参議院議員、玉木雄一郎衆議院議員、猪瀬直樹氏、有森裕子氏(五輪メダリスト)、笠浩史衆議院議員、玉木正之氏(NO BORDER SPORTS編集長・主筆)、下村博文文部科学大臣(登場順)

【メディア掲載情報】映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』へ上杉隆がコメントを寄稿

ヒトラー暗殺、13分の誤算ポスターB3入稿_ol

ヒトラーコメントチラシ

あと13分早ければ、世界は変わるはずだったーーー。
戦後70年を経て今明かされる、ドイツ政府が隠し続けた衝撃の感動実話『ヒトラー暗殺、13分の誤算』(GAGA★)。
この映画のパンフレットに、上杉隆が寄せたコメントが掲載されています。

ロードショーは、10月16日(金)からTOHOシネマズ シャンテ、シネマライズ他全国で順次始まります。ぜひご覧ください!

◼︎映画『ヒトラー暗殺、13分の誤算』
 http://13minutes.gaga.ne.jp

【ニューズ・オプエド緊急告知】9/11(金)に小池晃参議院議員が出演決定

koike_kaku_2013C_thum
明日9/11(金)の「ニューズ・オプエド」に、参議院議員で日本共産党副委員長、党政策委員長の小池晃さんの出演が決定!!
番組では、安保法制や自衛隊内部文書問題などについてお聞きします。
午後4時からの生放送を、どうぞお見逃しなく!

なお、「ニューズ・オプエド」のサイトから有料会員登録をしておけば、放送時間が午後5時を超えても番組をお楽しみいただけます*。お申し込みは、こちらからどうぞ
http://op-ed.jp/entry/

*無料会員の方は午後4~5時の60分のみご覧になれます

@koike_akira #オプエド

視聴者の方からのご意見・応援コメント

いつも「ニューズ・オプエド」を視聴いただき、ありがとうございます。
日ごろは視聴者の方々から、運営事務局宛てにさまざまなご意見や応援コメントをいただいております。
ここで、その一部をご紹介させていただきます。

「ニューズ・オプエド」をはじめNO BORDERの運営は、応援してくださる皆さまのご理解とご協力で成り立っております。
これからも、忌憚ないご意見やご提案をいただけますと幸いです。
よろしくお願いいたします。

*************************************************************
この度、新しいPCを購入し(オプエドを視聴する為です!(笑))
昨日 会員登録が無事に完了致しました。

知りたい情報をタイムリーに教えて下さる番組に感謝しております。
今度、マイナンバー制度を取り上げて下さい!

これからは夕食の時間が遅くなりそうです(笑)

有難う御座いました。

(K様・女性)
*************************************************************

わお!!!新コーナー「5時すぎ上杉」
登録してて良かったよ。
#オプエド

(M様・男性)
*************************************************************

有料登録したその日に12分の延長、ラッキー! #オプエド

(T様・男性)
*************************************************************

【上杉隆が取り組んできた活動のご紹介】言論空間の健全化および記者クラブ開放への具体的な活動一覧

 これまで上杉隆は、言論空間の健全化、そして記者クラブ開放へ向けて下記のような活動を展開してまいりました。
 ここに、時系列でご紹介させていただきます。

1999年 都庁記者クラブ 民放テレビ局情報番組等への取材陣開放に尽力(石原慎太郎都政)
1999年 岩瀬達哉の著書『新聞が面白くない理由』(講談社)において解説を行う
2001年 官邸記者クラブ(内閣記者会) スポーツ紙、特派員協会幹事社の参加登録に協力(小泉純一郎政権)
2003年  自民党平河クラブにて、フリーランスになってから初の質問を行う(中川昭一政調会長)
2008年 自著『ジャーナリズム崩壊』(幻冬舎)を出版
2008年 民主党党大会において、ネットメディアの参加を実現(小沢一郎代表、党大会実行委員会) 
2009年 官邸、与党、各省庁記者クラブを、フリーランス、ネットメディアへ一部開放(鳩山由紀夫政権)
2009年 自著『記者クラブ崩壊』(小学舘)を出版
2010年 内閣記者会見開放を正式に申し入れ(幹事社:共同通信、フジテレビ)
2011年 「公益社団法人 自由報道協会」創設(菅直人政権)
2011年 政府・東京電力合同会見の全メディア開放の実現 (菅直人政権)細野豪志
2011年 浅野健一氏の著書「記者クラブ解体新書」(現代人文社)において帯書きを担当。