大関昇進を決めた栃ノ心の綱取りの見込みは?若手のホープ阿炎の四股名の由来は?…夏場所の総括を相撲ジャーナリスト荒井太郎氏に訊く(2018/06/04)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.088

大関昇進を決めた栃ノ心の綱取りの見込みは?
若手のホープ阿炎の四股名の由来は?…夏場所
の総括を相撲ジャーナリスト荒井太郎氏に訊く

2018/06/04

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

月曜日は玉木正之スポーツ編集長によるスポーツ特集です。ゲストに相撲ジャーナリストの荒井太郎さんをお迎えし、夏場所の総括をテーマに様々な話を伺いました。

———————————-

【玉木正之編集長】
栃ノ心は取りこぼしがなかったら優勝するぐらいの実力はあったんじゃないですか?

【荒井太郎氏】
優勝するかなと思ってましたが…最後の最後で優勝は鶴竜になりましたけど、栃ノ心の強さが際立った場所でしたね。

【玉木編集長】
白鵬との一番…白鵬には今まで全敗なんですよね?

【荒井氏】
まあ、0勝25敗ですね。

【玉木編集長】
これもまた珍しい記録ですが、でも白鵬もがっぷりで来ましたよね。

【荒井氏】
張り手もしない、小細工無しで来ましたね。

【玉木編集長】
あれを見るとやっぱり白鵬って力あるんだな、と思いましたね。

【荒井氏】
力もあるし、技もありますね。

【玉木編集長】
あの栃ノ心とあれだけ力比べ出来るって、なかなかないですよね。

【荒井氏】
…ないですね。

【玉木編集長】
夏場所は鶴竜が優勝し、栃ノ心が大関に昇進した場所でしたが、他に注目した力士っていうと…いかがですか?

【荒井氏】
僕は、阿炎(あび)ですね。

【玉木編集長】
ああ〜(拍手)…結局7勝8敗?

【荒井氏】
千秋楽で負け越しましたね。惜しくも結局7勝8敗でしたけど、初挑戦で白鵬に勝って…うわづっぱりで一気に突き出しました。

【玉木編集長】
あれは見事でしたね。勝ち越しできなかったのは、やはり取りこぼしみたいなところですか?

【荒井氏】
はじめての横綱、大関総当たりの場所で、7勝8敗ですから、上出来じゃないですか?相撲も素晴らしかったですけど、インタビューも素晴らしかった。

【玉木編集長】
あれね。「もう帰っていいですか?早くお母さんに報告したいから」って(笑)。ああいうのはNHKのインタビューで初めてじゃないですか?


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。