激しい駆け引きの末、6月12日の米朝首脳会談は中止に!果たして首脳会談は改めて開かれるのか、それとも…。今後の行方をエコノミストの吉崎達彦氏、薬師寺克行解説委員に訊く(2018/05/24)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド Vol.080

激しい駆け引きの末、6月12日の米朝首脳会談
は中止に!果たして首脳会談は改めて開かれる
のか、それとも…。今後の行方をエコノミスト
の吉崎達彦氏、薬師寺克行解説委員に訊く

2018/05/24

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

特集後半は双日総合研究所チーフエコノミストの吉崎達彦さんに米朝首脳会談の行方について伺いました。レギュラー陣は山口一臣アンカー、佐藤由季アシスタント、薬師寺克行解説委員です。

———————————-

【佐藤由季アシスタント】
続いては吉崎さんに米朝首脳会談についてお聞きします。6月12日に予定されている首脳会談なんですが、今月22日にはトランプ大統領が延期の可能性もあると述べています。米朝首脳会談は本当に実現するのでしょうか?

【吉崎達彦氏】
最近こんな面白い首脳会談ってないと思うんですけど、まず組み合わせがありえない組み合わせですよね。かたやトランプさん、かたや金正恩…どっちもどう出るか全くわからない人ですよね。その二人がシンガポールで会うと…そこだけ決まったわけですが…。

そんなに簡単に行くわけないなと思ったら、案の定先週の水曜日に「軍事演習がけしからん」という話になって、北朝鮮側がその日に予定されていた南北の閣僚会議をドタキャンした。今週火曜日は文在寅大統領がワシントンまで来て二人で首脳会談をやって、その後の記者会見で「俺行かないかもしれない」とトランプさんは言い出した…(笑)。

こりゃすごい話ですよね。…今週末にどうも米朝の事務方が接触するらしいんですけど、考えてみたらこんな難しい準備会合ってなくて…まず、「会合には誰と誰が出るんですか?」と。まさか二人だけで話す訳にはいかないですよね。それ、怖すぎますよね?じゃあ、国務長官は入れますかね…とかね。多分この辺から揉めちゃう。

それで一部には6月12日の延期もあるかな、という話も出てきてるんですね。これも今週末の事務方の会合によるんですね。この6月12日という日程は、これ以上ないぐらいのベストなタイミングで、これを外しちゃうと相当苦労するんじゃないかと思います。

ことの発端は、4月27日に板門店で行われた南北首脳会談が、びっくりするぐらいいい感じだったと。「金正恩って意外といいやつじゃん」というぐらいで、それで急転直下こうなったわけですが。


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。