2017年総選挙「あなたが勝負かけるのなら、僕もかける」上杉は小池百合子に決断を迫った!乾真規ディレクターのインタビューに答え、舞台裏を知る上杉隆が詳細を語る!《中編》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

読むオプエド 番外編

2017年総選挙「あなたが勝負かけるのなら、僕
もかける」上杉は小池百合子に決断を迫った!
乾真規ディレクターのインタビューに答え、
舞台裏を知る上杉隆が詳細を語る!《中編》

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ニューズ・オプエドの番組本編でも報じられていない、当メルマガ「読むオプエド」の独自コンテンツ「乾ディレクター、上杉隆に迫る!」シリーズの2回めをお届けします。

3回に分けての配信で、2回めの今回は《中編》、5月14日(月)に《後編》をお届けする予定です。

———————————-

【上杉隆】
(「上杉さんは出ないの?」と言うオファーに対して)「僕はいいです」と言って断った。僕に声がかかった理由は、都知事選の時に18万票取っているから、基礎票が見えるわけ。計算が立つ。そういう意味で声がかかった。

こっちは「小池さんが出るんだったらお手伝いしますよ」と。でも、小池さんが出ないのに、なんで俺だけ出なくちゃいけないんだ…これはパスだなと。出ようと思っていれば秘書時代から何度もチャンスはあったけど、出るつもりないからこうしてるんで…。

小池さんが出て総理になり、内閣官房で安倍政権を全部ひっくり返し、森友や加計問題も「政権交代こそ情報公開」なんだから、安倍、菅…いっぱいいるでしょ?全員捜査して〇〇しようと。〇〇させることも含めてちゃんとやらないと、この国は変わらないから。そこまではっきり言ってるからね。

【乾真規ディレクター】
小池さんにそう伝えたということですね?

【上杉】
伝えたというか、直接そう話した。「あなたが出ないんだったら、僕が官邸に入る意味ないでしょ?あなたが逃げるんだったら僕はやらないですよ。勝負かけるんだったら、一緒に勝負かけますよ」と。なんで小池さんが自分だけ安全なところにいて、こっちが勝負かけなきゃいけないの?…って。オプエドもあるし、NOBORDERもやってるし。そこの部分で「(出馬は)ノー」ということで、断った。…だから、東スポの記事は誤報でもなんでもない。合ってるよ。

【乾ディレクター】
東スポからはちゃんと取材があったということですね?

【上杉】
うん、この件はね。

【乾ディレクター】
他のところからも取材はあったんですか?

【上杉】
オファーはいっぱいあったけど、全部断った。東スポは連載してるから…この取材で答えたとおり。「小池さんが出るんだったら出るかもしれないけど、出ないんなら出ないですよ」ということ。

【乾ディレクター】
小池さんと前原さんをつなげる役割をして以降、希望の党からの接触と言うのは特には…?


当ブログでの掲載はここまでです。続きはメルマガ「読むオプエド」をご購読ください。初月無料です。


※上杉隆が2017年総選挙の舞台裏を語った記事

2017年総選挙、希望の党失速の原因となった「排除リスト」は全くの偽物だった!乾真規ディレクターのインタビューに答え、舞台裏を知る上杉隆が詳細を語る!《前編》

2017年総選挙で、一時首相官邸は敗北を覚悟し、白旗を上げて政権交代を確信していた!乾真規ディレクターのインタビューに答え、舞台裏を知る上杉隆が詳細を語る!《後編》