「モリ・カケ・スパ問題はもうこれ以上の追及は無理」吉田照美氏の問いに答えて、上杉隆が絶望的な解説を…(2018/02/09)

2月9日のニューズ・オプエドは、ゲストにフリーアナウンサーの吉田照美さんをお迎えし、月に一度の人気企画「ニューズ油絵」と、照美さんが上杉隆になんでも聞きたいことを聞きまくる「吉田照美のソコキケナイトコ?」をお届けしました。

…今月の照美さんの油絵はこちら!


【吉田照美氏】
タイトルは「刑事コロンボ〜スーパーコンピュータ ペジーの闇」。つい最近スパコンのペジー社の斎藤さんが逮捕されましたが、その後芋づる式に政治家の方とか捕まるのかな、と思ったけどあまり動きがないし、報道もあまりされてない。ワイドショーも相撲の話ばっかり。このスパコンの事件はすごく興味があるし、国民のお金がすごく流れ込んでるわけでしょ?なんでこれを報じてくれないのか?…という思いもあるんですけど、日本の検察とか警察にはあまり期待できないんで、このペジーの闇も、刑事コロンボに解いていただきたいと。そんな気持ちを込めて描かせて頂きました。


…そして、「ソコキケナイトコ?」のコーナーは…

【吉田氏】
モリカケ問題の今後どうなるでしょう?だいたいもう、詰んでると思うんですけど。これはメディアの責任が大きいのかなあ?

【上杉隆】
大きいですね。昔だったらさすがにここまで来たら、記者クラブと言えども行くんですけど、今は行かないんですよ。

【吉田氏】
なんでなの?

【上杉】
知らないんでしょうね。それが当たり前だと思っちゃってるんじゃないですか?世界のジャーナリズムからは全く置いて行かれてるし。そういう既得権益の中にどっぷり浸かっちゃってる若い記者たちが、デスクとかになってる。そうすると、「余計なことをやらない」んじゃなくて「余計なことを知らない」んですよ、ジャーナリズムを。最近来なくなったのは「知らないんだな」と。そういう意味で、期待は出来ない。…「詰んでる」と言うのは、たしかに詰んでるんですよ。

【吉田氏】
佐川長官は証人喚問に出てくる?上杉さんの読みは?

【上杉】
多分、消費税の増税の時、通常の人事として彼を下ろすと思いますよ。

【吉田氏】
じゃあ証人喚問には出てこない?

【上杉】
出さないんじゃないですかね。出たっておそらく「記憶にございません」とか、「確認できません」とか言い続けて終わるでしょ。森友事件…国有地払い下げ問題は、「払下げ」ということは、払い下げた側がいるわけですよ。それが払い下げられた方(籠池夫妻)だけ捕まって、大阪拘置所に…。

【吉田氏】
あれもいつまで勾留続けるつもりなんですか?

【上杉】
多分安倍政権が終わるまでなんじゃないですか?(笑)

【吉田氏】
嘘でしょ?そんなこと出来るの?…あれもちょっとずつだけど、みんなに知られてきましたよね?さすがに。

【上杉】
ええ…でも一般のテレビとか見てる人たちは、貴乃花のほうが大事ですからね。洗脳装置ですから。

〜中略〜

【吉田氏】
本来、安倍さんが言ってることと、籠池さんの言ってることには全く食い違いがあるわけでしょ?もし安倍さんサイドが正しいなら、籠池さんは偽証罪。両方の言い分を聞いて…という形に持っていかなければ、いつまで経ったって終わんないでしょ?

【上杉】
ここは簡単なんですよ。与党からすると勝ちは参考人招致ぐらいまで。野党からすると証人喚問が勝ち。(与党にとって)勝ちの参考人招致までも行かないと思いますよ、僕は。森友、加計、ペジー斎藤さん…野党の党首クラスが全部関わってるんですよ。自分たちのほころびが出ちゃうんですよ。3年半の民主党政権時代の内閣官房の。そうすると(追及を)やったふりはするけど、最後までは追い込まない。…だからもう、無理ですね。

【吉田氏】
絶望的ですね…。

【上杉】
だから去年の10月の選挙の時に「政権交代は情報公開だ」と言ったんですよ。役人は権力側につくから、政権交代すれば(前政権の不祥事の資料を)「出せ」と言えば、出させることが出来る。前の政権の人間が逮捕されるまで追い込むことも出来る。…でもそれはできなかったんで。今度の野党は「あそこは自民党とくっついてる!」と言ってる方が自民党とくっついてますから。これは残念ながら。…そういう意味でも、これはちょっと難しいなということで、私は照美さんの絵の個展でも行こうかな、と。

【吉田氏】
何よそれ(笑)。活路は見いだせないの?どんなことやっても突き崩せない流れなの?

【上杉】
無理ですねえ。ジャーナリズムが機能するか?…ダメですよね?政権の中で何かが起きて、安倍さんの支持率が急落するか?…これもない。メディアが支えちゃってるから。そうすると、もう手がないんですよ。

【吉田氏】
自民党がずっと安倍さんを担ぎ続けるのかっていう問題は、上杉さんはどう見てますか?

【上杉】
昔は「反主流派」って言って、こうなると派閥抗争が始まってたんですよ。田中角栄のロッキード問題を追求したのは、三木武夫さんだった。要するに自民党内の反主流派。自民党内で政権交代が起こったんだけど、今の自民党はヘタレ集団ですから。安倍さんの、官邸の方を向いてるだけです。

【吉田氏】
石破さんもダメなの?

【上杉】
無理ですねえ。石破さんはチャンスを逃しました。…それより怖いのは野田聖子とか河野太郎。化ける可能性があるから。要するに、何をやるかわからない。小池百合子さんを見ればわかりますけど、都知事選出るまでは全く人気なかったんですよ。でもメディアが何か一つポーンときっかけを与えちゃうと…落ちる時も速いけど、上がる時も速いんですよ。

【吉田氏】
でも今の河野太郎さん見てると化けそうもないけどねえ。

【上杉】
それが突然来るんですよ。例えば小泉さん。小泉さんは最初から人気があったようにみんな思ってるけど…

【吉田氏】
いや、それは思ってないですよ。目立たなかったですもんね。

【上杉】
しかも派閥の長ですから。その小泉さんが、森おろしで山崎拓さんと加藤紘一さんが動いた時に、YKKの仲間で後押ししながら、パッと裏返って「お前らダメだ」と。で、ひっくり返って総裁選に出たんです。

【吉田氏】
じゃあ上杉さんは野田聖子さんと河野太郎さんは、どっちが化けると思うんですか?


…というわけで、ここから先は有料時間帯となります。まだまだ驚きの情報がでてきますので、是非会員登録の上、番組サイトよりご視聴ください。

2月9日放送分は、2月13日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。