東京五輪の経費は結局3兆円!?ビッグサイトをメディアセンターに使うと損失2兆円!ずさん極まる実態を本間龍氏が指摘(2018/01/31)

1月31日のニューズオプエド、2本めの特集は「東京オリンピック問題」について著述家の本間龍さんに伺います。


【アシスタント 川島ノリコ】
東京五輪開催費がさらに上昇するという報道があったそうですが、今までと何が違うのでしょうか?

【本間龍氏】
これは小池都知事が先週発表したんですね。その予算表を見てもらいましょう。

【本間氏】
左の列の「大会経費」東京都が6000億円、組織委員会が6000億円、国が1500億円で合計1兆3500億円で収まるだろう、と去年1年間ぐらいは言われてたんですね。ところが「大会関連経費」というのが、東京都の負担で8100億円あるというのが出てきたんです。これを初めて小池都知事が口に出されたんですよ。僕はこれは「小池さんは正直だな」と思ったんですよ。それを足すと、2兆1600億円ということになっちゃいますね。今まで1兆3500億円と言っていたのが、実は2兆円かかることがバレちゃったわけですね。

【上杉隆アンカー】
これで通用するんだからいいよなあ、日本の行政。

【アシスタント 川島】
都民だって納得しないですよね。

【上杉アンカー】
こんなこと企業でやった瞬間に…訴えられるでしょう、これ?

【本間氏】
それから、国の関連経費の部分が未公表なんですよね。これがまたすごいことで、当然国の予算もかなり投入しているわけで、これが公表されると、下手すると3兆円ぐらい行っちゃうんじゃないの?…っていうことなんですよ。ってことは、そう言えば最初に計算した時に「3兆円ぐらいかかる」って言ってたんだから「あれ、なんか近い数字になってきたな」って(笑)。

【上杉アンカー】
言ってましたねえ、「2兆3兆は当たり前」って、森喜朗さんが。正直ですねえ、ホントのこと言ってたんだ。

【本間氏】
ただねえ、「それで本当にいいの?」っていうことなんですよ。とんでもないことになりつつある。

で、予算の問題に加えて、別の問題も発生してるんです。東京ビッグサイトをメディアセンターとして使うことが決まってるんですが、これを来年から20ヶ月間使うので、これによって232の見本市が中止になり、2兆円の売上を失うことになるんですよ。

つまり3兆円近い開催経費の上に、さらに2兆円のマイナスが乗っかってくることになるんです。これはさすがに、いくらなんでもひどいんじゃない?…って言うことなんですよ。

で、この2兆円の売上を失う日展協さんが、去年日経新聞に意見広告を出しました。この問題はずっとやってるんですよ。その結果進展があったのは、2020年のコミケは別の会場でやることになりました。でも、根本的な解決にはなっていない。

この他にも週刊誌にも意見広告が出たのですが、今年の6月までに解決策が出ないともう間に合わなくなるそうなんですよ。そうなった場合は最悪「賠償請求をすることになる」というのです。

【上杉アンカー】
根本的な解決方法はいくらでもありますよ。世界中どこでも、メディアセンターは縮小傾向にあるんです。一つは機材が軽く小さくなり、重厚長大な機材はもういらない。ビッグサイトをメディアセンターに使うとしたら広すぎて余っちゃう。もう一つは配線を組むのに古い建物は逆にじゃまになる。むしろ簡易なものでいいから、LANとかWifiをきちんと付けてくれたほうが余程ありがたいんです。世界中のメディアは「ビッグサイトはいりません。小さくて使い勝手のいいところにしてください」といいますよ。ビッグサイトは今まで通り使えばいい。…これで解決ですよね?


…ということで、またもや「利権・利権」で無駄な経費がバンバン使われ、しわ寄せは税金で…ということになるようです。このあとの有料時間帯は、さらに東京都の「都市ボランティア」の動員が当初1万人だったものが、3万人に増やされるという話も出て来ます。そちらの方は是非番組サイトで本編をご視聴ください。

1月31日放送分は、2月1日の16時まで無料会員登録(ブロンズプラン)でご視聴いただけます。それ以降、および番組開始から60分を過ぎる部分のご視聴には、シルバープラン以上の有料会員登録が必要です。


【お知らせ】

みんなで作る報道番組「上杉隆のザ・リテラシー」、来月は2月3日土曜の配信です。ゲストはIWJ代表の岩上安身さん。テーマは「ネットメディア」です!どうぞお楽しみに!

2月以降の「ザ・リテラシー」の配信は、現在すでに募集が始まっている第4期クラウドファンディングの対象となります。番組後半はクラウドファンディング支援者向けの限定配信となりますので、下記サイトからぜひ御協力をお願い致します。